アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

ライバル会社による「マルハン」出店阻止工作の闇(12)工作資金の送金通帳記録を入手!

本紙では東京・浅草地区において、自分のパチンコホールの売上げが落ちないように、近隣に大手「マルハン」(京都市)の出店計画(冒頭写真=浅草の出店予定地。ただし住民の反対で中止に)を聞きつけ、これを阻止すべく保育所(下右写真準備した室内)開設を画策、しかも暴力団関係者にも協力を要請し金銭を支払っていたと思われる闇につき、16年4月から昨年1月まで11回に渡り報じていた。
その疑惑のパチンコホール経営会社とは「パンドラ」(東京都板橋区。金本朝樹代表=横写真)。工作の中心を担ったのはパンドラ、その親会社「アメニティーズ」(長野県東卸市。金本朝樹代表)の取締役でもある中村正親氏、それにパンドラの顧問弁護士・寺井勇人氏(第一東京弁護士会)など。
もっとも、知り得る情報はほぼすべて報じたので、この間、1年以上追加報道をしていなかった。
情報源は信頼でき、疑惑を裏づける物証も多々あり、内容には自信があったのでこうして実名報道していたわけだ。この間、パンドラ側からの削除要請も訴訟提起もない。
以前の記事でも報じたように、この工作は違法で、表面化すれば事件にも問われかねないので、この工作資金約7000万円は13年4月8日から同年9月30日の間に5回に分け、ダミー会社「Y通商」(神奈川県横浜市)へ仕事を依頼する名目で振り込まれた。
しかし、さすがにそれを完全に裏づける銀行通帳の送金記録までは入手出来ていなかった。
しかし、この度、ついにそれを入手したので丸1年ぶりに報じることとした。また、その通帳記録は以下に転載する。
この記録入手で判明したことだが、本紙が報じていた5回の日付、金額も1円違わず正確だった。また、この5回の送金者はパンドラが2回、それにパンドラ、アメニティーズの両常務を務める久保田雅一郎氏(慶應大学アメフト部の監督でもある)が2回、久保田氏同様、経営者一族の金本英美氏1回というのも正確だった。
ところで、この重大疑惑はパンドラ並びに親会社・アメニティーズ両代表を務める金本代表がかつて代表理事を務めていた(現在、金本氏は副代表理事)パチンコ業界団体「パチンコ・チェーンストア協会」も知るところとなり、今年2月の定例理事会で取り上げられる予定だったが金本氏は欠席。常識的に考えれば、何らかの処分が近く下されるはずだ。
そうしたことを見越し、危機感を持ったのか、現在、パンドラ側は投資ファンド会社「P」と接触を持っているようで、会社売却の可能性もあるようだ。

さて、本題に戻ろう。
上に掲げたのはそう、工作資金約7000万円(正確には6634万5500円)が送金された前述のダミー会社「Y通商」の普通預金通帳(川崎信用金庫)の記録。
「カナモト エミ」が前述の金本英美氏、「クボタ マサイチロウ」が同、久保田雅一郎氏(横写真)を指すことはいうまでもない。
さらに、本紙は「キャピタルA」(住所はアメニティーズと同じ長野県東御市)と、保育所設立の実務を行った外部のY氏が代表を務める会社との業務委託契約書コピーも入手した。(下写真)
このキャピタルA、代表はパンドラの親会社アメニティーズの代表も務める金本朝樹氏。役員には前出の送金に関わった久保田氏、金本英美氏両経営者一族も就いており、完全な一族のファミリー企業だ。
渦中のY氏は、こう証言する。
「私がいまここに持っていうのは2枚(契約日は12年8月22日と14年1月7日)、計910万円分だけですが、実際には同じく、関東圏における出店のための物件提案などを名目にした、総額約7000万円の送金額に見合う業務委託契約書が結ばれています。
前にも申しましたが、しかし実際にはこの工作資金のかなりが、私とパンドラ側を仲介した『RSC販売』=東京都台東区=の大崎直哉氏が仲介料、さらには彼から中村取締役にバックされ中国人の愛人のお手当てなどに消費されています。そして、その同様の契約書の大半は私にはくれないで、大崎氏が持って行ってしまったんです」
寺井弁護士はこのY氏につき、過去、パンドラが請求根拠を十分調べもせず払ったことに味をしめ、事実無根のことをいい、また金銭を不当に得ようとしていると主張しているようだ。では、この金銭の流れ、キャピタルAとの契約書の存在につきどう釈明するのだろうか。
こうした事実を見る限り、Y氏の主張は真実どころか、パンドラ側一族の密な関わりがうかがえるといわざるを得ない。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧