アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

編集長紹介

山岡俊介Shunsuke Yamaoka

政・官・財等、巨悪の癒着を徹底追及!

2003年12月2日、世界有数の億万長者、「武富士」会長(当時)・武井保雄を塀の中に追いやったジャーナリスト・山岡俊介が、政・官・財を始めとするあらゆる“悪”に鋭く切り込みます。

その前、マルチ類似の「日本アムウェイ」の問題商法も追及。5年越しの裁判を全面勝訴し、同社は店頭公開を自ら取り止めました。

また、02年1月から始めたメールマガジン「東京アウトローズ」はマスコミ、企業関係者の間で大きな話題を呼びましたが、故あって04年9月末、編集長を辞任。そして10月9日、1人で創刊したのが当HPです。

タイトルの「ストレイ・ドッグ」は英語で野良犬の意味。記者クラブ制度でがんじがらめにされ、なかなか調査報道できない大手マスコミ、社員記者が“飼い犬”とすれば、何の縛りもないフリー記者は“野良犬”との例えから、こう名付けました。これは、山岡のオリジナルではなく、英字新聞「ジャパン・タイムス」が04年8月22日付けで、日本の記者クラブ制度について特集を組んだ際、山岡のことを大きく取り上げてくれ、その際の見出しに踊ったのが、この「ストレイ・ドッグ」はエサ(スクープ記事)を必死で掘り出すという意のものだったのです。

常連的に寄稿していた『噂の真相』(休刊)の反権力、タブーなしの意志を受け継ぎ、ほぼ日替わりで、取材等で知り得た情報を公開して行きます。

1959年8月、愛媛県生まれ。高知県立追手前高校卒、1浪して上京し、神奈川大学法学部入学。卒後、法政大学大学院人文科学研究科日本史学(近・現代史)修士課程に進むも中退。零細編集プロダクションに2年半在籍し、29歳よりフリーに。91年1月より『週刊大衆』の専属記者を務めながら、『噂の真相』、『財界展望』などを中心に記事執筆。

主な著書に『誰も書かなかったアムウェイ』、『アムウェイ商法を告発する』(以上、あっぷる出版社)、『銀バエ 実録武富士盗聴事件』(創出版)、『福島第一原発潜入記 高濃度汚染現場と作業員の真実』(双葉社)などがある。

05年7月、自宅を何者かに放火される。その晩、放火は世界的建設コンサルタント会社パシコンの荒木民生会長(当時)との記事を巡るトラブルが原因の可能性があると報じたところ、名誉毀損で提訴される。だが、この訴訟で勝ったばかりか、記事で指摘した通りの特別背任容疑で、荒木容疑者は08年4月、東京地検特捜部に逮捕される。

08年10月には主宰する有料ネット情報紙「アクセスジャーナル」のサーバーに異常なアクセス集中があり、サーバー会社が接続を切断。約1週間配信が途絶える。サイバーテロの可能性も。

12年5月17日付「朝日新聞」社会面のコラム「メディアタイムス」で、アクセスジャーナルは、「裏の裏」を伝える有料サイトとして紹介される。また13年5月30日に放映されたNHK報道番組「ニュースウオッチ9」の特集“消えゆく情報誌その功罪”でインタビューに応え、インターネット情報紙の先駆けとしてコメントしている。

興味のあること強い者イジメ。
ウィキペディア山岡俊介

検索

カテゴリ一覧