アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

黒川検事長“賄賂疑惑”と、「最後の総会屋」脅迫事件の共通点

本紙がいち早く報じている、定年延長問題の当事者、黒川弘務・東京高検検事長(下右写真)がある傷害事件に関する処理を依頼されカネを受け取ったのでがないかとの疑惑は、今の安倍政権を直撃する重大疑惑だ。
なぜ、安倍政権は法を捻じ曲げてまで黒川氏の定年を延ばし、検事総長にしようとしているのか。
それは、ズバリ言えば、いま検察が捜査している河井案里参議院議員(冒頭右写真)陣営の公職選挙法違反事件、その延長線上にある河井夫婦自身の買収による逮捕許諾請求を阻止するためではないのか。
「夫の河井克行氏(冒頭左写真)がその責任を取って法務大臣を辞めたのが昨年10月末。黒川氏の定年延長をやったのは今年1月。森雅子法務大臣は黒川氏の定年延長は日産自動車のゴーン元会長の海外逃亡事件を理由にあげているが説得力がない。
そもそも、河井夫婦に1億5000万円もの選挙資金が振り込まれたのは安倍首相を批判していた溝手顕正元防災担当相を落選させるため。同じ自民党なのに、安倍首相の好き嫌いで溝手陣営には10分の1の1500万円しか出さず、河井氏側のその潤沢な資金力が奢りもあり公選法違反を招いた。しかも、河井夫婦は直に地元首長や県議、市議などに現金を渡していた模様で、本当に夫婦逮捕の可能性が浮上している。となれば、この事件はまさに安倍政権の致命傷になリ得る」(永田町事情通)
そしてコロナ騒動のなか、6月17日までの国会会期延長の声まで出ている。
いうまでもなく、国会会期中となれば所属議院の許諾が必要だが、その請求は司法当局が逮捕状発付が相当と判断した場合。その点、今の稲田伸夫検事総長(横左写真)はやる気満々だが、黒川氏に替われば阻止できるというわけだ。
もっとも、今から検事総長の首をすげ替えるのは、その狙いがすでに透けて見ているからかなりの無理があるし、まして、本紙が報じた黒川氏の“賄賂疑惑”は今は大手マスコミに無視されているが、この疑惑で告発などとなれば、もはや困難となるのではないか。
さて、前置きがひじょうに長くなり恐縮だが、そんな重大疑惑と、何ともチンケな「最後の総会屋」脅迫事件(しかも無罪確定)にどんな共通点があるというのか。
実は黒川氏に依頼したという傷害事件、そして「最後の総会屋」脅迫事件を起訴したのも、U検事だったのだ。

そのU検事、「最後の総会屋」脅迫事件の告訴人である峯岸一氏と癒着疑惑が出ており、そのため無理やり起訴に持ち込み、恥をかいた格好。何しろ、この事件、判決で「『稼業同士』の警告の域を出ないもの」とされ、峯岸氏もいわば反社会勢力と認定。
それにも拘わらず、その判決を報じた本紙・山岡を逆恨みして名誉棄損で訴えると峯岸氏は検察に駆け込み、その根回しをしたのがU検事だったといわれるのだから、事実ならU検事も辞任ものだろう。
そして、黒川氏が依頼を受けた疑惑が上がっている傷害事件も、実はこのU検事が無理やり起訴にした疑惑が出ているのだ。
警視庁は2018年10月、前年7月、東京・六本木のキャバクラ店に押し入り、店の経営者や従業員計10名をビール瓶で殴ったり、蹴ったりして全治1~2週間のケガをさせた傷害容疑で、別のキャバクラ店経営グループの16名を逮捕した。
店の女の子の引き抜きを巡るトラブルを巡ってのことだった。
そして、この被害者側の店を経営していたのは、本紙で既報の検察にも人脈を有するフィクサー的人物、安藤英雄氏(上左写真)の息子だった。
「この事件を契機に、安藤側はこちら側の店を乗っ取ろうと。そのためにコネのある検察・警察を使って小さな事件を大きな事件にしようとした。それで、そもそもは安藤氏に対抗して交渉できる者がいないかということで依頼したのが根来浩司氏だった。ところが、根来氏は安藤と交渉するより自分の人脈を使って捜査に手加減というか、本来の罪に見合った処分で済ませてもらうようにするといって、登場したのが黒川氏だった」(関係者)
ところが、事件発生から約1年後、前述したように、この関係者によれば、手を出していないオーナーのS氏まで逮捕・起訴されただけでなく、懲役3年執行猶予5年の有罪になったという。ただし、これは黒川氏に頼んだと根来氏が騙っていたためではなく、警察現場に強い安藤氏側の政治力が勝ったためと見ているという。
「事件現場に確かにSはいた。しかし証拠の店の備え付けビデオカメラ映像でも彼が手を出したところは映っていない。しかし、起訴後も公判が始まるまでSは勾留され続け、検事調べでもUは一切Sの言い分を聞かない。結局、“自分は手を出していないが、加害者側の先頭にいたから、それがある意味、自分の部下らに暴力を振るえと指示したかっこうになった”旨の供述をした結果です。こちらの弁護士陣も、U検事の態度は普通ではあり得ないと。私もSも、U検事は安藤氏の息がかかっており、それで無理やり事件を作ったと今も思っています」(同)
安藤氏は元警察庁キャリアの亀井静香元代議士、平沢勝栄代議士(上右写真)とも懇意といわれる。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧