アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

定年延長問題の黒川検事長との接点ーーあの「大阪経済倶楽部」元会長が出所していた!

「大阪経済倶楽部」元会長でもあった奥垣内次郎氏(69。冒頭写真)が今年2月下旬、刑期を終え出所していることが本紙への関係者の情報提供などからわかった。
この奥垣内氏、「経営環境開発協同組合」(広島市)の代表理事として出資法違反に問われ、広島県警に逮捕されたことは本紙で2015年7月に記事にしている
その後、「ETCカード事業の供託金を出せば毎月2%の割戻金がもらえる」などと、配当や元本保証を謳い、出資金を騙し取った詐欺罪にも問われ、16年4月に懲役4年6月の実刑判決を受け、その後、服役していた。
これだけ聞けば、よくあるチンケな詐欺事件で、いまさら取り上げることもないと思われるかも知れない。
だが、本紙がこの件を改めて取り上げるのは、15年7月に記事にした際にも2回に渡り報じているのだが、それはこの奥垣内氏が逮捕容疑の共同組合の肩書とは別に、「大阪経済倶楽部」という当時は任意団体の会長の肩書を持っていたからだ。実際、当時の記事内容も逮捕容疑のことより、この大阪経済倶楽部のことに大半を割いている。
というわけで、当時の記事を読者の方は是非、ご覧いただきたいが、結論を一言でいえば、この大阪経済倶楽部、現役も含めた検事を接待するなどして接近し、その検察人脈で持ってパチンコ・パチスロ業者など、警察を始めとする行政の許認可などで手心を加えてもらうために設立された疑惑ある団体なのだ。
 そして、筆者が『噂の真相』(休刊)で取材した02年当時には、吉永祐介元検事総長(横写真。故人)が同会の名誉会長に、元札幌高検検事長の佐藤道夫氏(その後、参議院議員に。故人)が顧問に就くなどしていた。
この団体、そもそもは濱田守久氏(故人)が1986年に設立。そして濱田氏と吉永元検事総長とは吉永氏が大阪高検検事長の時代に知り合い懇意になり、00年ごろの濱田氏の結婚式で吉永氏が媒酌人を務めるほどの仲だった。また、この大阪経済倶楽部、現在も東京に本部を移し存続し、同倶楽部主宰の講演会講師に、パチンコ・パチスロ業界にも大きな影響を及ぼす、カジノを含む統合型リゾート(IR)事業への参入を巡る汚職事件で逮捕・起訴されたあの秋元司代議士が2度に渡り登場してもいる。
ところで、本紙では、安倍政権が法律を捻じ曲げてまで定年延長し、黒川弘務東京高検検事長を検事総長に就けようとしているなか、その黒川氏の賄賂疑惑を3度に渡り報じている
検事総長になろうかという者が賄賂を受け取るか? それ以前にダーティーな人物と縁を持つか? と疑問に思われるかも知れない。
読者がそう思うのは、そんな人物と面識を持てば、いざという時に手心を加えるようでは困るから当然のことだ。
だが、本紙がいいたいのは、残念ながら、そうでない現実があるということだ。(上写真=『月刊テーミス』4月号より)

 今回の賄賂疑惑に関しては、大阪の食肉大手「ハンナン」(現ハニュ―フーズ)の浅田満元会長(横写真)の秘書だった根来浩司氏が、事件に手心を加えて欲しいとの依頼を事件当事者側から受け、カネを受け取り黒川氏にも依頼、そして黒川氏に渡すということで500万円を用意したとの事件当事者側の証言が出ていることは本紙既報の通り。
そのハンナンが、大阪経済倶楽部とは別の、「花月会」という任意団体と関係が深かったことは事情通の間では有名な話だ。
なお、大阪経済倶楽部が実質、トップに戴いていた吉永元検事総長は岡山大学出身で非主流派。これに対し、花月会は歴代の東大・京大閥主流派が代々引き継ぎ、大阪経済倶楽部とは比較にならない影響力を持っていた。そもそも濱田氏が大阪経済倶楽部を作れたのも花月会関係者のお陰とも。
この花月会、元々は角界出身の伊藤作之進氏という人物が大阪に相撲茶屋を開店、その後、料亭「花月」を出す。ここに角界関係者だけでなく検察、旧住友銀行関係者が集まり出したのが始まり。さらに検察、国税、旧大蔵官僚も参加。
 そして、その人脈を活用すべくパチンコ・パチスロ人脈が関りだし、次期検事総長を目前に則定衛東京高検検事長が女性スキャンダルで辞任する(横写真=『噂の真相』99年5月号)が、その則定氏も花月会に関与しており、その相手女性の堕胎料、慰謝料も、花月会に深く関わるパチンコ業界のプリペイドカード導入の仕切り人だった熊取谷稔氏の側近だったS氏が払っていたとされる。
そして、ハンナンの浅田氏の兄弟はかつて山口組に出入りしていたし、ハンナンのビルのなかにかつて熊取谷氏と関係が深い賭博ゲーム機リース会社が入居していたりした。
なお、則定事件が起きた時、1999年4月の参議院法務委員会で、中村敦夫議員(当時。TV番組『木枯らし紋次郎』主役)が質問。その際、「検察幹部と民間業者との親睦団体である花月会というものがあります。これは実質的には住友銀行グループと取引業者、こういう人たちがスポンサーになっているわけです。このグループは構造的にいうともう大蔵省官僚の接待グループとダブっているというところに今回の問題(=則定事件の事)の本質があるのではないか」などと述べているのだ。
 こうした事実が判明し、すでに花月会は消滅しているというが、すでに70歳を超える根来氏は、まだ花月会が活動していた時代にハンナン・浅田氏の秘書をしていたのだからそこで検察人脈を作り、その代々の申し送りで黒川氏と知り合った可能性もあるのではないか。
それに、すでに松原仁代議士(元国家公安委員長。横右写真。左は黒川氏)を介して黒川氏と3人で食事したとの音声記録は紹介済だが、その後の取材で松原代議士と黒川氏は共に東京都板橋区出身で、地元の中学校の同級生で、それ以来の親密な仲であり、松原氏の小さな会合にもその縁で黒川氏が何度も顔を出していたとの複数の有力証言を本紙は得ている。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧