アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

黒川検事長の“賄賂疑惑”音声記録(反訳)を完全公開

「桜問題」、IR汚職、新型コロナウイルスへの杜撰対応と共に、いま安倍内閣を直撃している黒川弘務・東京高検検事長(63。冒頭写真右側)の定年延長問題ーー本紙ではこの黒川氏に浮上して来た“賄賂疑惑”について2月28日、そして3月8日に追加報道。さらに3月13日には、その証拠の一つの音声記録を一部公開(約16分の内の1分2秒)した。
それなりに話題を呼んでいるが、本日、『日本タイムズ』がその約16分のうちの主要な6割ほどの部分の反訳(テープ起こし)を、同社HP上で公開したので以下に紹介する。
同記事のリード部分でも触れられているが、この音声記録につき、当事者のN氏は、こういうことをいったが、それは「戯言」(デタラメ)と本紙・山岡の取材に返答している。
ところがその後一転、取材時に同席した共通の知人を介して、本紙が公開した1分2秒分の音声を聞いたが、自分の声ではない(つまり他人のもの)といってきた。
だが、誰が聞いてもその声、言い回し、内容といい、N氏のものであるのは明らか。そんな見え見えの嘘をいわれれば、なおさら「戯言」という言い分は、関係をバラされたら困る、N氏と3人で食事したともいわれている黒川氏、某衆議院議員の方から猛烈な抗議が来たためとも勘ぐりたくもなる。
ともかく、まずは読者一人ひとりの目でその反訳をじっくり見ていただきたい。

●日本タイムズの反訳(*ココをクリックすれば無料で見れます
 このように、あの食肉大手「ハンナン」(現ハニュ―フーズ)の浅田満元会長(偽装牛肉事件で服役中)の秘書をしていた根来弘務氏を黒川氏に繋いだのは、松原仁衆議院議員(横写真。7期。無所属)とされる。
その松原氏、2012年1月に発足した野田第1次改造内閣で国家公安委員会委員長として初入閣。
民主党に所属していたこともあり、なぜ、与党(自民党)でもない松原氏が、いくら国家公安委員長を務めたとはいえ、辞めてから6年も経た時期に黒川氏を根来氏に紹介できるのか? と疑問に思われるかも知れないが、この点に関しては、昨日、現在、国家公安委員長を務める武田良太氏秘書の記事紹介のなかで載せている、大臣経験もある某人物の以下のコメントを再掲しておく。
「国家公安委員長を務めた者が、その後も警察や、起訴の有無や公判を担当する検察(法務省)にパイプを持ち、黒川氏と付き合いがあってもおかしくはない。まして、それが野党政治家とすれば、稀有なケース故に、野心家であれば、その後も自民党(与党)側とのパイプ役として暗躍できる。一方の法務官僚も野心家であれば、野党側とのパイプ役として重宝するはず。そして、黒川氏は安倍政権のイエスマンともいわれるほどの野心家ですから」。
なお、この約16分の分同様、根来氏と事件処理を頼んだ側の2人の会話の別の分のなかには、根来氏が松原氏の事務所に行くとして、衆議院第二議員会館に車を横づけする会話も納められている。
また、もう一つの別の分のなかには、収賄の文部官僚だけが逮捕で、東京医大の臼井正彦理事長(当時)が在宅起訴ではおかしいと思われるので、臼井氏は病気ということにした旨の根来氏の発言が入っている。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧