アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

「リミックスポイント」の仮想通貨子会社社長の経歴から消されていた詐欺会社

「リミックスポイント」(3825。東証2部。東京都港区)の子会社で、仮想通貨交換所を運営する「ビットポイントジャパン」で今年7月、約30億円の仮想通貨が不正に流出していたことが判明したのは本紙でも既報の通り
今現在もサービスは完全には再開していないし、8月には「ビットポイント台湾」から10億円を超える損害賠償請求訴訟を起こされている。そして、その損害のなかには今回の流出分より大きな負債の水増し、帳簿の矛盾などがあるという。
こうしたなか、一連の処理に当たっているのが、ビットポイントジャパン設立時から社長を務める小田玄紀氏(39。冒頭写真。仮想通貨流出を受けての謝罪会見時のもの)。
そもそも、国重惇史リミックス社長(当時)が仮想通貨事業を思い立ち、子会社を設立したという経緯がある。
この小田社長、公開されている経歴を見ると東京大学法学部卒。21歳の時に早くもベンチャー企業を起業し、その後、いろんな会社の役員を務めており申し分ないように思える。
ところが、本紙はこの経歴のなかに書かれていない取締役に小田氏が就いていた事実を確認した。同社社長はその後、詐欺で逮捕(起訴)に。約4年も海外逃亡し、日米間の犯罪引渡し条約に基き、米捜査当局が身柄を確保。当時はかなり話題になった。

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧