アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

<記事紹介>「まったく足りないPCR検査ーーGoToより医療支援に回せ」(本紙・山岡。『ベルダ』8月号)

 自民党支援団体の東京都医師会トップもさすがにブチ切れ、「コロナに夏休みはない!」といい、政府に店舗休業補償と、PCR検査拡充を言い出しているーー本紙・山岡はむろん専門家ではないが、感染症専門家に週刊誌で取材したこともあり、当初からPCR検査に力を入れ無症状感染者を特定すると共に、もっと早く「緊急事態宣言」を出しその際に休業補償をして自粛ではなく店舗の休業を徹底させておけば今のような危機的状況にならず、それは人命より経済界の声を優先した結果で人災だという考え。
そこで、連載させてもらっている会員制月刊情報誌『ベルダ』(発行・ベストブック)の最新号(8月号。7月31日発売。3頁)で、基本的に同じ考えを持たれていると考える木村浩一郎氏の近著『PCR検査を巡る攻防』の紹介も兼ね取り上げたので紹介しておく。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧