アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

「ソフトバンク」や「日本ベリサイン」の信用を背景に、未公開の食肉輸入会社株販売の奇怪

「ソフトバンク」はいうまでもなく、孫正義社長(写真)率いる東証1部の総合通信企業。一方の「日本ベリサイン」はマザーズ上場の電子認証サービス企業。
この両IT系企業と食肉輸入会社とは何ともミスマッチだが、その接点は、電子認証製品・サービスを提供する「ビートラステッド・ジャパン(BTJ)」(今年から「サイバートラスト」に社名変更)。
2005年6月、ソフトバンクの100%子会社=「ソフトバンクBB」はこのBTJを子会社化している。片や、日本ベリサインの売上高のかなりをソフトバンク子会社の「ヤフー」(東証1部)が運営する日本最大のポータル関連が占める。そして、ソフトバンクはグループ各社に対して前出BTJのセキュリティー・プログラム導入を勧めている。
一方、食肉輸入会社はBTJが経営不振だった2002年3月、MBIのかたちで乗り込み、同社社長がBTJ社長を兼務、他にも役員を送り込んだ関係にあった。

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧