アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

破綻した「近未来通信」の犯罪(5回=最終回)ーー投資希望者向け「講演」録音テープの内容

「近未来通信」は投資を検討する者のため、この間、数多く同社主催の「講演」を行っていた。本紙はその講演を録音したテープを入手したので、その核心部分を紹介しよう。
入手したテープは2005年11月12日(土)午後1時より、東京シティーエアターミナル2階VIPルーム(中央区日本橋箱崎町42?1)で行った際のものだ。
約100?の広さの会場には20名ほどが参加。受講者を取り囲むように「日経」などの広告を掲載したパネルが並べられライト・アップされている。巨人の宮本元投手の等身大パネル、大地真央も……。
一方、講演者の前の長テーブルには近未来通信のオリジナルとされるIP電話、電話アダプター、テレビ電話、カード、携帯アダプターが陳列されている。そこには白い布で覆われたものもあり、講演中に公開されたそれは新型と称するテレビ電話だった(以下に主な商品のパンフを掲載)。
会場の後ろには社員用のイスがあり、社員が参加者の様子を観察し、講演の途中、休息時間などに適時、参加者に接触して営業する。
「ホワイトボードにいろいろ記入し、一見、理論的に解説するプロ肌の講演者、そして一般商品以外に、後いくらか入会金(1130万円が基本)を加算すればもっと儲かる回線を優先的にお分けするといったトークも行っており、まさに洗脳セミナーそのものでした。もちろん、ここでの録音、撮影は禁止されていましたよ」(参加した調査会社担当者)

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧