アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(30)「丸石自転車」、上場廃止の怨念か

自転車メーカー「丸石自転車」といえば、東証2部に上場していたものの、架空増資事件等で上場廃止になったのはご存知の通り(現在は「丸石サイクル」が営業権を引き継いでいる)。 架空増資の主犯の1人は当時、社長だった八木芳雄氏。求刑は懲役2年だったが、判決では「私利私欲を図るためではなかった」と認定され、懲役2年、執行猶予4年になった(2005年2月)。 その八木氏が事件化する前、某大物政治家に会い、裏金を渡したとの情報が昨年末から一部関係者の間で出回っている。 その相手とはズバリ、いま何かと話題の久間章生防衛大臣だという。 「八木が社長だった(2003年8月から04年5月まで。解任)当時、久間(当時は自民党政調会長代理)に直に紙袋を持って行った。出て来た時はなかったから間違いない」ーー大阪の有名な事件屋が、某大手紙にそんな情報を持ち込んでいるという。 「事件の揉み消しを頼んだのではなく、警察OBの紹介を頼みに行った。その際、手ぶらでは何だからということで持って行った」、「実際、事件になる直前に天下ったが、公安出身だったので役に立たなかった」、「裏取りのため、鹿児島まで飛んで(丸石事件でやはり逮捕された)K氏に会った社もある」、「今年2月初めが(贈賄の)時効(=3年。ただし、収賄側は5年)なので、それを待って八木は話すのでは」ーーいろんな情報が乱れ飛んでいるのは事実だ。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧