アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

北朝鮮覚醒剤密輸最前線(1)ーー元日本人強盗犯ボスが深く関与

冒頭写真の書籍(講談社。2004年3月発行)は、わが国で30件、被害総額10億円以上の強盗を働き、その後、中国に逃亡したこの日中混成強盗団の日本人ボスを、現地で取材してその告白をまとめたものだ。 国際指名手配犯がリスクを犯してまで、なぜジャーナリストの著者に連絡を取り、犯行について告白したのか定かでないが、日本に残した妻のところに当局が頻繁にガサをかけるなどしており、それに対する牽制の意味もあったようだ。  それはともかく、横の写真の新聞(中国・大連の『大連新聞』。今年1月26日)は、この日本人ボスを含む主犯3名に対し、1月18日、大連市高等裁判所は麻薬販売の罪で死刑判決を下したと報じている(中国は2審で確定)。 上の書籍ではボスの名前は仮名(=竹下和則)になっている。だが、同紙では「武田輝夫」と実名を報じている。 書籍の著者が武田死刑囚(65歳)に会ったのは2003年3月と9月。上海と北京において。 同紙によれば、同年7月に3件の麻薬密輸事件が発覚し、武田は04年6月18日に逮捕されたというから、取材時、彼はすでに覚醒剤密輸に手を染めていたわけだ。だが、もちろん上の書籍では、覚醒剤密売の件は一切触れられていない。 押収された覚醒剤(シャブ)は約3?あったという。営利のために所持していたのは明らかだ。 強盗犯のボスは、中国に逃亡後、覚醒剤密売というさらに重罪の主犯になっていた。他に死刑判決を受けたのは中国人と韓国人。 実はこの覚醒剤は北朝鮮で製造されたもの。それを北朝鮮に近い中国側(大連)に運び出し、さらに韓国を経由するなどしてわが国に密輸していた。そこで、日本人の武田が深く関与していたわけだ。 「2002年11?12月にかけ、鳥取県の海岸に200?以上の覚醒剤を入れたたくさんの小袋が発見されたことがあった。中国ないし韓国から漁船などで運び出し、日本側の暴力団に日本近海の洋上で引き渡す際に誤ったか、海上保安庁の警備を恐れて投棄したのかは不明だが、これも北朝鮮製の覚醒剤で、武田が関与していたと当局は見ています」(事情通) この武田が最も深い関係を持っていた暴力団は某広域暴力団K会と見られる。 一方、武田の部下で、中国で同犯罪に手を染めていた日本人2名もすでに中国当局に捕まり、やはり死刑判決が下りている。 藤倉孝雄(46)と鵜飼博徳(44)だ。 「2人は2004年7月、腹の両方に覚醒剤を約500?ずつ縛って、大連発成田行き飛行機に乗ろうとしたところを捕まりました」(同)…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧