アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

山口地検が捜査開始?ーー安倍首相お膝元、もう1つのし尿処理場改修工事巡る官製談合疑惑

 本紙は安倍晋三首相の地元・山口県下関市発注のし尿処理場の疑惑について、これまで何度も報じて来た。 こちらは下関市彦島福浦町で2005年10月末から着工している「汚泥再処理センター」で、建設費は28億1400万円。 だが、同じ市内に実はもう一つのし尿処理場がすでに建設中(冒頭新聞記事「読売新聞」05年11月27日地方版中の地図参照のこと)なのだ。 こちらは旧豊北町の「豊浦大津衛生センター」(下関市豊北町)の改修工事で、改修費は12億7800万円。 同じ市に2つのし尿処理場が存在するのは、旧豊北町は05年2月に下関市に合併されたが、それを前提としたし尿処理場の統合が検討されなかった上、旧豊北町の施設は処理機械が4基あるが、耐久年数を過ぎたまま使用していたところ内2基が05年8月に破損し、緊急に再開する必要に迫られた結果だ。 さて、本題のこの「もう1つのし尿処理場」の官製談合疑惑とは、ズバリ、安倍首相の“国家老”といっていい江島潔下関市長と、この工事の下請けに入った「プラウド」なる会社との間で1億5000万円もの公的資金が水増し発注されている疑惑があり、そのカネの行方に関してのことなのだ。 (以下に疑惑を裏づける「誓約書」を掲載)  詳細は追って検討するが、この改修工事は従来の受注経緯などから「濱田製作所」(広島県呉市)が受注した。 だが、実際は処理機械4基の内、2基は下請けに出され、前出「プラウド」なる地元企業が受注した。 だが、このプラウド、何ら実績がない企業で、濱田製作所も下請けに使うことを嫌った。それはそうだろう、万一、トラブルが起きた場合、責任は元請けたる濱田製作所に来るからだ。 「それでもプラウドが下請けに入れたのは、江島市長が強引にねじ込んだからです。もっとも、それには妥協案が出され、それは万一、トラブルになった際の保証金として、受注費用のなかに1億5000万円を水増ししてプールさせておくことでした。だから、濱田製作所には迷惑がかからないと。ところが、実際に受注決定したところ、プラウドはその1億5000万円分も正当な工事請負費だと主張しだした」(事情通) 1億5000万円が、いわば消えてしまったのだ。 上に掲げたのは、そのプラウドがある人物に出した「誓約書」。確かに、この文書を見る限り、前出・事情通の主張通り、1億5000万円を別途プールするとしている。 当初の話ではプラウドの取り分は約2億5000万円の約束のところ、約4億円に膨れたというのだ。 「実はこの件はすでに今年夏ごろ、関係者が検察に告発していたんです。しかし受理にはなっていないと見られていたのです。ところが、つい最近になり山口地検に濱田製作所の者が呼ばれているとの有力情報が入って来ました。さらに他の何人かが呼ばれているとの情報もあります」(関係者)…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧