アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

久間章生元防衛相人脈ともリンクーー「東邦グローバルアソシエイツ」を牛耳る中澤人脈(?)

 前の2回の記事で、あの旧「グッドウィル・グループ」による「クリスタル」買収の仲介で180億円もの手数料収入を得、いまその脱税容疑で当局のターゲットにされている公認会計士・中澤秀夫氏が、いかにして大証2部上場「東邦グローバルアソシエイツ」(東京都港区)に介入して行ったかレポートした。
昨年2月、まず「トップ・ギア・インベストメント・リミテッド」なるダミー会社を使って約53%の株を買い占める。その上で、同年6月、現社長の横田満人氏、比嘉努取締役管理部長を送り込んだ。その後、喜田俊雄氏なる人物も経営に深く介入。
そして、このなかの横田社長を紹介、また喜田氏は「久間調査会」副会長を名乗っており、久間章生元防衛相(下右写真)の人脈ともリンクしていることもお伝えした。
では、中澤人脈が東邦グローバルに介入して約1年が経過した現在、同社はどういう状況なのか。
前出「トップ・ギア」が株式を買い占める前後、東邦グローバルの株価は約500円まで急騰。だが、それは一瞬で、現在はわずか12円(9日終値)と見る影もない(冒頭の株価チャート図参照のこと)。
しかも監査法人から結論を表明しないといわれ、2月26日から管理ポスト入りしてしまった。
その26日、東邦グローバルは担当監査法人「フロンティア監査法人」の結論を表明しない旨の報告書を掲載しているが、そこにはこんな記述がある。
「ロシア連邦における人工島の建設事業に関しては、引き続き脆弱な財務状況から脱するまで、資金の必要となるプロジェクト推進業務は一旦延期し」
昨年2月の株価急騰の原因は、このロシアの人工島建設(上左写真)で仕事を受注できそうだと東邦グローバルがIRしていたことに尽きる。それが、それからわずか1年で資金がないから中止? これでは、会社上げての株価操作と批判を受けても申し開きできないのではないか。

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧