アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

“アミューズメント界のドン”の誕生日を「祝う会」の顔ぶれ

 安藤英雄氏といっても、一般の方はまずご存じないだろう。 だが、パチスロ大手メーカー「サミー」(現・サミーホールディングス。東証1部)時代、大株主で、警察や闇社会との関わり合いが深いといわれるパチンコ・パチスロ業界では知る人ぞ知る大物。 2000年3月、直前に風営法違反容疑で逮捕されたパチスロメーカー社長の依頼で、警察庁OBの平沢勝栄代議士に会って1000万円渡したとして週刊誌で話題になったこともあった。 その安藤氏、ゲーム、音楽業界にも大きな影響力を持つとされる。 「ジャパンアミューズメントエージェンシー」(JAA)という、ゲーム業界各社が芸能人の肖像権や著作権を管理するために作った会社があるが、息子がそこの役員だったこともある。 そして2000年1月、マザーズ上場第1号ながら、社長が暴力団組員等と逮捕・監禁容疑等で逮捕された「リキッドオーディオ・ジャパン」(現・ニューディール)の上場記念パーティーに出席、その場には小室哲哉、つんく、SPEED、浜崎あゆみ、藤原紀香ら当時の芸能界若手売れっ子が結集し、「バーニングの周防郁雄氏の計らい、否、安藤氏だろう」などと話題を呼んだものだ。 その安藤氏がこの8月31日、72回目の誕生日を迎えるということで、「祝う会」を呼びかけている案内状を本紙は入手した。 そのなかで特に目のついた発起人、参加者等は以下の通り。 (写真は「祝う会」でショーを行う梅沢富美男と大木ひびき・こだま)  久間章生(自民党総務会長。代議士)、赤松広隆(民主党代議士)里見治(セガサミーホールディングス社長)、アントニオ猪木(新日本プロレス)、九重貢(日本相撲協会審判部副部長。元横綱千代の富士)、松浦勝人(エイベックス・グループ・ホールディングス社長)、蛭田達朗(デジタルアドベンチャー社長)、達山隆志(ジャパンアミューズメントエージェンシー社長)、松本零士(漫画家)、辻本憲三(カプコン社長)、毒島優行(SANKOY社長)、鬼迫明夫(整理回収機構前社長、弁護士)、山本英俊(フィールズ社長)、長良じゅん(長良プロダクション会長)、稲村角雄(ドン・キホーテ取締役)、長尾大(作曲家)、YOSHIKI(アーティスト)、金智成(東京韓国青年商工会第28期会長)、 梁川俊雄(ヤナガワ社長)、遠藤日出樹(ENプロ社長)、白銀浩二(アイビー化粧品社長)、山崎直樹(アップフロントグループ会長)、浜圭介(作曲家)、山中孝市(エーオンアフィニティージャパン社長)。 以上のような顔ぶれも含め、招待者だけで約600名を予定。今週末、都内某ホテルで開催されるそうだ。 (写真は、冒頭の1000万円の件を取り上げた『フライデー』記事。執筆は本紙でもお馴染みの寺澤有氏。写真下の人物が安藤氏。2000年3月17日号)…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧