アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)
  1. TOP >
  2. 詐欺(行為) >
  3. 投資ファンド
  4. <連載>「ジェイ・ブリッジの闇」(第9回 桝澤徹元社長の資産の原資はどこから!?」(上)

<連載>「ジェイ・ブリッジの闇」(第9回 桝澤徹元社長の資産の原資はどこから!?」(上)

 本紙で連載中の東証2部の投資会社「ジェイ・ブリッジ」(東京都墨田区)の“闇”を知る最大のキーマンは桝澤徹ジェイ・ブリッジ元社長であることは、同社のことを多少とも知る者であれば誰も異論はないだろう。
この連載記事の中核を成す医療再生ファンドは桝澤氏が社長時代、自ら率先して立ち上げたものだ。だから、このファンドを巡る訴訟で桝澤氏も被告訴人になっているわけだ。
その桝澤氏、現在、シンガポールに居を移しており、この自宅の豪華さは知る人ぞ知る話(冒頭写真など3点ともその豪邸。09年国際建築賞の最優秀デザイン部門で優勝し、観光名所になっているほど)。
「セントーサという地域にあるのですが、ここは日本でいえばお台場+ディスニーランドのような離島。シンガポール政府が、外国人の資産家を誘致し、経済を活性化させるため、政策的に大変力を入れて開発したリゾート地域です。今年4月、この地域には同国初の公営カジノ、ユニバーサルスタジオがオープンした他、ゴルフ場も併設されています」(事情通)
住居地域は区画を決めて政府が売り出しており、主にインドネシアなどの富豪が争って購入。桝澤氏はここを2区画保有し、その資産価値は土地だけで約10億円、建物も含めると15億円を下らないと見られる。
そして、その車庫にはベンツ、フェラーリ、BMWなどの高級車が並ぶ。
それだけでも大変な資産(抵当権は付いていないとのこと)だが、桝澤氏の資産はこれだけに止まらない。
本紙は桝澤氏が約2年前まで、都内の2つの超高級マンションの部屋をダミー会社を使い、所有していたことを確認している(やはり抵当権設定なし)。

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧