アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)
  1. TOP >
  2. 報道・マスコミ
  3. <新連載>『金沢誠のメディアチェック』(第1回)「読売新聞社長人事」

<新連載>『金沢誠のメディアチェック』(第1回)「読売新聞社長人事」

○以前、『金沢誠@メディア・クライシス』を連載していただいていましたが、新たなかたちで再開します。人事中心にお伝えするとのことです。ご期待下さい。

 読売新聞の次期社長候補が絞られてきた。
弘中喜通氏(62。冒頭写真)で、07年5月から日本テレビ(取締役・常務執行役員)に転出していたが、この6月、読売新聞に専務メディア戦略担当・システム担当・制作局長なる要職で戻ることになったためだ。
読売新聞から日テレに転出した幹部が復帰するのは異例。
同じく6月に常務(論説委員長)から専務に昇格する白石興二郎氏(63)と社長レースを繰り広げることになる。
ただ、現時点で弘中氏は、渡辺恒雄読売新聞グループ本社会長から後継者に指名されたとの情報もあり、同氏の方が頭ひとつリードした格好である。

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧