アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

太陽光発電「エステート24」に、乗っ取りをかけていたあの青山清利グループ

 青山清利氏とは、本紙では、米国アメックス上場企業のコールセンター子会社「グローバルホットライン」(東京都新宿区)の解体などで取り上げたことがある事件屋だが、その青山氏率いるグループが、また話題企業に、今度は乗っ取りをかけていたことが判明したので報告する。
その相手企業とは、太陽光発電装置の訪問販売会社「エステート24ホールディングス」(秋田新太郎社長=冒頭写真。大阪市中央区)。
09年に設立された新興企業だが、3・11震災後の自然エネルギーブームに乗り、すでに135億円もの売り上げを誇っている(24年12月期。経常利益約5億円)。
その業績の良さもさることながら、エステート24が話題を集めるのは、秋田社長の人クロもなかなかユニークだから。まだ20代で、ホストの様な容姿と来ている。高卒後、「光通信」に2年ほど在籍していたが、前出のグローバルホットライン同様、青山氏が登場したのは光通信繋がりだ。
さらに、そんな経歴にも拘わらず、社外取締役に大物が複数就いていたことから、なおさら話題を呼ぶことになったようだ。佐伯英隆(元通産審議官)、服部範雄(元埼玉県警本部長、元関東管区警察局長)、中田康雄(元カルビー社長)の各氏といった具合。
そんなエステート24に、青山氏が触手を伸ばしたのは昨年後半のことのようだ。
(上写真=『FACTA』12年12月号記事)

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧