アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

あのドンキ前社長が自社株購入を勧めた相手――ホテル買収に政治家仲介説

「ドンキホーテホールディングス」(現「パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス」。7532。東証1部)の大原浩治前社長(冒頭写真)が金融商品取引法違反(167条の2の取引推奨)に問われた事件(検察側は懲役2年を求刑)の一審判決が4月27日と迫るなか、現行法では、その大原被告がドンキ株購入を勧めた相手は約6900万円もの利益を得たものの何らお咎めなしなのは本紙でも既報の通り
なぜ、大原被告がその相手を儲けさせようとしたのかは、この公判でも明らかになっていないが、事件化する直前に、大原被告がドンキの社長を退いている経過を見ると、ドンキとの関係というより、大原被告と個人的に親しい関係にあったからとの見方が有力であるようだ。
そんななか、本紙の元には、その相手がつい最近、ホテルを買収。それには国会議員が関係しているとの情報が漏れ伝わって来たので現状報告しておく。

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧