アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

2016年東京オリンピック招致を、都民の7割が望んでいる? のカラクリ

東京都(石原慎太郎知事)が2005年9月、2016年夏期オリンピック大会を招致すると表明してから2年余りーーだが、08年が北京、12年がロンドンということで、アジア→ヨーロッパ→アジアではアジア開催に隔たってしまうため、東京の可能性はひじょうに低いと見られていた。
 ところがこの間、最有力と見られたリオデジャネイロが、2014年のサッカーワールドカップ開催がブラジルに決まったことで、2年後も同国開催はないだろうとなり、シカゴと共に俄に東京の可能性も出て来たというのだ。
そうなると、インフラ整備など関連費用も含めれば最大実に8・5兆円ともいわれる税金が注がれる可能性もあるだけに、なおさら無視はできない。
実際、都民の多くは声にこそ出さないものの、相変わらずのオリンピックに名を借りたハコモノ建設中心の一部土建屋への公共工事発注には拒否反応が強い。
ところが、東京都とNOP法人東京オリンピック招致委員会(代表・石原都知事)は、都民の多くが招致を望んでいると国際オリンピック委員会(IOC)に売り込むべく署名集めをしており、それに関して疑問の声が出ている。
(冒頭写真=今年5月、東京オリンピック招致大使に任命された星野仙一氏=中と、有森裕子氏=左、と石原知事)

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧