アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

東京都が新宿・歌舞伎町で密かに進める再開発の青写真

 世界一の歓楽街ともいわれる東京都新宿区の歌舞伎町(右写真)。その一画で、石原慎太郎知事(左写真)率いる東京都が、大規模な再開発を進めていることが関係者の証言などからわかった。  石原知事といえば、バブル時代、お台場でのカジノ構想をブチ上げたこともある。その後、歌舞伎町でも同様の構想があるとの報道もあったが、歌舞伎町一帯の権利関係は複雑で、大規模再開発は現在も困難との報道はあっても、再開発計画があるとの報道などゴールデン街を除いて皆無である。  ところが、本紙が得た情報によれば、すでに年内で対象地区のテナントがすべて撤退することで合意しているというから驚きだ。  関係者の証言などによれば、都が再開発を目指しているのはコマ劇場(右写真)と、その西側の映画館の一帯。  ここに風俗関係を除いた“健全”な一大レジャー施設を作るという。  すでにコマ劇場横ビル地下1階の飲食店(建物の所有権は「東宝」)は全店舗、年内一杯で撤退するとの契約を交じらしているという。 「コマ劇場は新しい建物が出来たら元の場所に戻るが、それまでは大久保公園に仮移転するそうです。それから、映画館に囲まれた広場部分にはレジャー施設に来る方のための大規模な駐車場ができる。映画館ビルの地下1階で営業していたポールダンスのお店もすでに移転させられ、ママは“石原のお蔭で儲からない場所に店を移動させられた!”とかんかんですよ」(事情通)   コマ劇場跡に建つ新館は地上4階、地下2階と聞いているという地元顔役もいるが、あれだけの広い敷地でたった4階というのはどうなのか……。  いずれにしろ、周辺の地権者の間では、進行しているのは間違いないという。だが、話題好きの石原知事のこと、なぜ、未だ広報していないのか? 何か裏の事情でもあるのだろうか。 (左写真=再開発があると思われる場所付近の地図)…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧