アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

山田洋行疑惑ーーこれが「グアム3兆円利権分捕り計画書」

冒頭に掲げたように、『週刊ポスト』は11月30日号で、防衛商社「山田洋行」を退社して競合会社「日本ミライズ」を設立した宮崎元伸元専務は、守屋武昌前防衛事務次官が退任後、日本ミライズに天下るなどと懇意な関係を披露し、複数のわが国企業に米軍再編でグアムに沖縄の海兵隊約1万7000名が移動することに伴うグアム3兆円利権に参加を募り、引き替えに日本ミライズへの出資を持ちかけていたと報じている。  そして、その利権が窺える日本ミライズ作成の「計画書」なるものを入手したとして、その1枚の一部を、冒頭に掲げた記事のなかで披露している。  本紙も遅ればせながら、同様の「計画書」の一部(3枚)を入手したので、参考までに、以下に転載しておく。  なお、この計画書に登場する「ODC」とは、日本のコンサルタント会社「オーディーシ?」(オーシャン^・ディベロップメント」(東京都港区)のことで、社長は来海祐介氏という。  来海氏はNPO法人「日本パラオ国際交友協会」理事長も務め、確かにパラオには太い人脈を持つ。しかしグアムにまで太い人脈を持ってはおらず、工事受注を目指した日本ミライズだが、結局、米国側に断られている。  それから、関係者によれば、こうした「計画書」は複数出ているそうで、浜田卓二郎元代議士(外務政務次官を務めたことも。現在は弁護士をしている。横写真)もそれを持ち、わが国企業に出資を募って回っていたと聞く。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧