アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

中田横浜市長、告訴に続き、『週刊現代』を提訴

中田宏横浜市長が、自身の下半身疑惑を報じた『週刊現代』側を名誉毀損容疑で東京地検に告訴した(11月3日)ことは本紙でも既報の通りだが、さらに11月22日付で、東京地裁に提訴していたことがわかった。  被告は『週刊現代』を発行する「講談社」(野間佐和子代表)で、5500万円の損倍賠償を請求すると共に、『週刊現代』に加え、日経、朝日、読売、毎日、産経の5紙への謝罪広告掲載も求めている。  なお、損害賠償請求などの対象には、第1、第2弾記事だけでなく、その後に出された「ワイセツ市長追及第3弾! 横浜市長中田宏は海外公務サボってキャバクラで『ホステスおさわり』」いうタイトルの3つ目の記事も入っている(12月1月号)。 (上写真=『週刊現代』より。合コンの現場写真とされる。下写真=今週号で第4弾記事を掲載。訴訟提起されるとほとんどのマスコミがすぐ自粛するなか、同誌の戦う姿勢は評価したいが……)  関係者によれば、中田市長は記事の疑惑とされる主要部分をすべて否定。 「そもそも乱暴をされたという女性は存在しない」と主張。それにも拘わらず、記事中には元看護学生とされる証言者が出て来るが、「本当に誰なのか」、「取材に対し被告やC議員らから金品が渡されていないか」、被告による真実性の立証の局面で厳に追及したいと主張しているという。  さらに、記事中にはこの下半身スキャンダルを知った議員が中田氏に見解を質したところ、逆に脅されて詫び状を書かせたとの記述があるが、「まったく別の話を偽造した悪質な捏造記事」とも主張している。  そして、このネタを誰が『週刊現代』に持ち込んだかも追及するという(写真=中田氏側が最大のネタ元と睨んでいるO市議)。  最後に、第3弾記事の海外公務=サンディエゴ海外視察のキャンセルは、米カリフォルニア州で起きた山火事により、同市役所から非常事態で対応できない旨、連絡を受けて中止したもので、ドタキャンではないと反論している。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧