アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

石破防衛相カラオケ熱唱の翌朝、交通事故を起こしていた秋元司防衛政務官 (続報)

昨日、本紙が報じた、自民党参議院議員の秋元司防衛政務官(写真)が、石破茂防衛相と共にマスコミと飲酒したと思われる翌朝、バイクと接触事故を起こしていた件だが、続報が入ったので報じておく。  事故後、秋元氏はその場を立ち去り、同晩に事情聴取に応じていたことから、永田町界隈では飲酒運転の噂も出ていた。  となれば、最大の関心事は、その場をどんな状況で立ち去ったかだろう。もし、警官が来た際、「俺は防衛政務官だ。仕事が忙しい!」などと権力を笠に来て、即座にその場を去っていたとなれば単なる噂では済まなくなる可能性もある。  結論を先に言えば、さすがにその疑惑は薄いようだ。  本紙が得た情報によれば、秋元氏は駆け付けた目白署の事故係に免許証を提示した上で、「急用の仕事があるので、それを済ませてから署にうかがいます」と述べ、立ち去ったという。身分は明かしておらず、なぜか「団体職員」と名乗っていたようだ。  ただし、事故係がそれを許したのは、被害者が軽傷であり、また酒の臭いがするといった異常も認められなかったからのようだ。 「わずかな時間とはいえ、プロが対面して話しているんだから、もし多少ともアルコールが残っていたり、不審な様子なら気づき、即、その場でアルコール検知検査をやるはず」(警視庁OB)  もっとも、飲酒説が出るのも、この大事な時期、石破防衛相のカラオケ三昧に付き合っていたため。石破氏同様、危機管理が甘いとの批判は免れない。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧