アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

普天間基地移設先ーー名護市幹部も関わる投資詐欺疑惑(複数の国会議員の名も)

今年5月下旬、高利を謳って資金集めをしていた「コアラの會」(沖縄県中頭郡北谷町)なる任意団体が事実上、破綻した。
コアラ(上左写真)のえさとなる貴重なユーカリ葉(上右写真)を本土の動物園に納入することが決まっているとして、年利34%を謳い、判明しているだけで沖縄県民約200名から20億円近くを集めていた。だが、わずか2カ月ほどで破綻。すでに被害者の一部が「被害者の会」(沖縄市)を設立。県は出資法違反の疑いもあるとして調査している。
関心が向くのは、この任意団体は国や県の補助金も受けている企業組合と一体の関係にあり、その代表や理事に、名護市幹部親族が就いている事実。
名護市といえば、米軍普天間基地の移設先(横写真)だが、辺野古の場所を巡って国側と地元で対立。そのなかで、守屋武昌防衛事務次官と小池百合子防衛相(共に当時)のバトルに発展し、守屋氏の証人喚問などさまざまな問題がいま浮上しているのはご存知の通り。

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧