アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

原監督1億円恐喝事件(第4弾)ーー中畑清の仲介に関し重大証言

 6月28日発売の『週刊文春』第2弾で、原辰徳監督と恐喝側との仲介で重要な役割を果たしていたとされる中畑清DeNA監督ーー同記事によれば、そもそも中畑と恐喝側の指定暴力団T会の元組員Kは20年も前から面識があり、その関係から、中畑は原の携帯電話番号を教えただけでなく、金額の交渉でも仲介していたという(ただし中畑は否定)。
だが、本紙は恐喝側のKもH(故人)も知る人物から、中畑選手についてもっと重大な証言を得ている。

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧