アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

逃亡中の大場武生、ついに逮捕される

本紙に1時間ほど前、金融ブローカーの大場武生(48)が都内の潜伏先マンションで逮捕されたとの情報が入った。  大場といっても、一般の人はご存じないだろうが、株の世界では有名な御仁。  本紙でも既報のように、東証2部の土木会社「大盛工業」(東京都葛飾区)の株価に関する風説の流布(証券取引法違反)容疑で東京地検によって全国に指名手配されていた。  2005年10月のことで、以来、丸2年余り……。そのため、関係者の間では「すでに共闘していた広域暴力団の手によって埋められているのではないか」とも見られていた。 (写真=「毎日新聞」本日夕刊より)  ところが、実際は関係者に匿われ、都内を飲み歩くこともあったようだ。 「利益30億円なんていっても、元金を彼が持っているわけではなく、かなりは広域暴力団関係などの訳ありのカネ。すべて彼らにはぎ取られ文無しになっていたのは間違いない。だが、逮捕されて口を割られたら困るから匿っていたに過ぎない」(事情通)  そのため、死亡説も出ていたわけだ。 「今回の逮捕で寒い思いをしている関係者は多いでしょう。共闘していた同じく金融ブローカーのUとか、S弁護士とか。東京地検も当然、そうした関係者を狙っていると思う。これを機会に、わが国の株式市場に巣く闇社会に本格的なメスを入れるつもりではないか」(社会部記者)  なお、今回は大場と共にもう一人逮捕されたという。 (写真=「東理ホールディングス」福村康廣社長直筆メモ。「大場」の文字があるように、福村社長とも関係があった)…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧