アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

<記事紹介>「ソフトバンクモバイル携帯法人契約のズサン」(本紙・山岡。『ZAITEN』07年11月号)

 別にソフトバンクモバイルに限ったわけではなく、たまたま同社の携帯電話の法人契約で被害が発覚したことなのだが、実は素人でも、A社の社員でないのに、A社の社員になりすまして法人契約を結べる手口がある。
ただし、最大1カ月後には請求書が会社に届き、会社は契約していないのだからバレる。 だが、法人契約なので10本一度に契約しても不審に思われないのがミソ。それら携帯電話をその間、かけ放題だよといって第3者に叩き売ればかなりの儲けるになり得る(もちろんこれは犯罪。やってはいけない行為なのは言うまでもない)。
(写真=『ZAITEN』掲載記事の1頁目。以下に2頁目転載)

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧