アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

<主張>本紙は1年前に警告ーー悪徳マルチ商法「L&G」に見る大手マスコミのお手軽報道(元警視総監も広告塔に)

 去る10月3日、独自の電子マネー「円天」を売りに約5万名から約1000億円を集めていた健康寝具販売会社「エル・アンド・ジー(L&G)」が警視庁等の合同捜査本部に、出資報違反(預かり金の禁止)容疑で東京・新宿の本社(右写真)など家宅捜索を受けたのは大手マスコミ既報の通り。
事前リークが警察側からなされ、数日前から突如、同社に関する疑惑報道がされるようになっていたが、本紙はすでに1年近くも前の昨年11月26日に問題になると警告していた。
その時のタイトルは、「活動を続けるマルチ・ジャンキーーー近未来通信に続き、銀座を舞台に『円天』でも」。
何を今更というのが、率直な感想だ。
このタイトルにもあるように、かつてマルチ商法で味をしめた連中はそれが忘れられず、シャブ中患者のように、また品を代え、合法を装ってこの手の詐欺商法を繰り返す。
同記事で指摘しているように、「L&G」の波和二会長(左写真。「日経」10月3日夕刊より)は、わが国に悪徳マルチ商法が上陸した1970年代に猛威を奮った「APOジャパン」の最高幹部だった。

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧