アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

高級腕時計ももらっていたーー川上八巳被告と京大教授の只ならぬ関係

この8月24日、25日と全国紙や地元紙(「京都新聞」)などで、パチンコ情報提供会社「梁山泊」グループによる株価操作事件で逮捕、公判中の川上八巳被告と京大教授とが癒着関係にあり、京大の倫理規定に違反している可能性もあるとして、京大が大学内に調査委員会を発足させたとの記事が出ている。 だが、東京においては余り話題になっていないのは、(1)京大教授も、川上被告の名前もどの報道でも匿名にされている、(2)多くの報道は大阪版などに限られいる、ためだろう。 それにしても、なぜ、大手マスコミはこんなに及び腰なのだろうか。 川上被告はすでに逮捕され、公判中の身。 一方の大学教授は、日本建築学会賞や文部大臣賞を受賞したこともあるわが国建築学会を代表する著明な人物で、しかも国立大学の教授を務めているのだ。 そこに持って来て、(1)川上被告はこの教授の推薦で研究生になっていた、(2)川上被告は京大図書館建設のために約20億円の寄附を申し出ていた(後、中止に)、(3)川上被告から研究生推薦の面接後、160万円もする高級腕時計をもらっていた、(4)教授の経営する設計事務所職員が、川上被告のファンド会社の社長を務めていた(逮捕直後の今年5月まで)、となればこの教授が不適切な関係にあったと批判を受けるのは当然で、学内の調査委員会ができたとなれば実名報道すべきだと思うのだが、この慎重さはいったい何なのだろうか。 そういう本紙はすでに今年4月20日、 「あの川上八巳被告と京大を繋いだ大学教授。(川上被告、シルバー精工にも接触)」で実名報道している。その教授とは、工学研究科建築学専攻の高松伸氏(写真)。  同記事をご覧いただければ明らかなように、川上被告と高松教授の関係はもっと癒着していた可能性がある。 図書館建設の寄附も、ただ寄附するだけでなく、見返りとして、川上被告側の息のかかった建設会社に工事を受注させる密約を結ぶことを計画していたらしいのだ。  また、高松教授はマカオに何度も女性同伴で出かけており、その費用も川上被告側に負担してもらっていた疑惑もあるのだ。 ちなみに、今回の大手マスコミ報道で、やはり匿名になっている、教授が実質的に経営する建築設計事務所とは「高松伸建築設計事務所」。また、川上被告の投資顧問会社とは「SYNINTERNATIONAL」(東京都港区)。そこの社長を務めていた設計事務所の者とは大江匡行氏を指す。 国立大学の研究者は、国家公務員同様、金銭授受はひじょうに厳しく禁止されている。 本紙・山岡は週刊誌取材で国立大学の教授に数え切れないほどコメントをもらった経験があるが、わずか5000円、1万円の薄謝でも皆、受け取り拒否する。国立大学の研究者は、我々国民の税金で養われており、それだけに私立大学と違って金銭授受を厳しく諫めており、逆の言い方をすれば、研究の知識を披露することは税金で面倒を見てもらっていることへの恩返しという公的意識が高いからだろう。 そのため、多忙な時間を一週刊誌の取材に割いてもらって悪いと思っている山岡側は、倫理規定に反しない範囲のお礼の気持ちとして2?3000円の菓子折を研究室に「皆でどうぞ」と一筆添えて送るぐらいが関の山だ。 それが高級腕時計160万円、しかも特定の利益企業からなど、例え川上被告が逮捕されなかったとしても論外の行為だ。 学内の調査委員会、まして有力教授ともなれば、どうしても身内贔屓で調査が甘くなる傾向があるが、これだけに疑惑が出ている以上、徹底して調査、そして処分を下さなければ名門・京大の名が泣くというものだろう。 (写真は高松教授の代表作品とも言われる国立劇場おきなわ=上と、ワコール本社ビル=下)…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧