アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

「防衛省次官人事騒動の裏に、沖縄・普天間飛行場移転利権争い」

冒頭記事(大きな記事=8月18日「毎日新聞」)のように、小池百合子防衛相(右写真)が出したポスト次官人事がひっくり返るという異例の事態が起きたのはご存じの通り。 小池氏が9月1日付で守屋武昌次官を退任させ、後継に警察庁出身者を就けると「毎日新聞」(冒頭写真左の小さい記事。8月7日)にリークしたことに、守屋次官が反発したのが事の始まり。だが、大手マスコミの報道を見ても、なぜ小池氏がこの手の異動では鉄則の事前に(現役の守屋)次官の同意を得、その上で人事検討会議、閣議に諮ることをせず、一部マスコミにリークするという越権行為、真面目に考えれば罷免されてもおかしくない手まで使って守屋次官を追い出そうとしたのか、その肝心部分がまったくというほど説明されていない。 実はその背景には、沖縄の米軍・普天間飛行場の移転先として、政府と米国が06年4月に合意した「V字案」(守屋次官支持)と、沖縄県や移転先となっている名護市が求める「修正案」(V字案より南西沖合。小池防衛相支持)を巡る暗闘があったのだ。  小池氏は8月15日の記者会見で、今回の人事について「一切、沖縄側に言ったことはない」と語っているが、本紙が得た情報によればこれは嘘だ。 小池氏は8月5日か6日には名護市の島袋吉和市長に電話し、「北部振興策(V字案への協力の度合いに応じてバラ撒く補助金のこと)を止めているのは守屋次官」、「(県や市の意見を聞かず8月7日、名護市に)普天間飛行場代替施設に関わる環境影響評価方法書が出させたのも守屋次官」などと虚偽の事実を告げ、したがってV字案に固執する守屋次官の首を切ると告げていたのだ。 そして7日の「毎日新聞」朝刊に、守屋氏に代わって西川徹矢氏が就任するとのスクープ記事が一面に出たのだ。 小池氏がこのような行動に出たのは、現実問題として、「修正案」に拘る沖縄県知事と名護市長の協力を得なければ普天間飛行場移転は進まず、次官の首をすげ替える事で両首長に恩を売り、基地移転が進めば自分が評価されるという思惑からだったと思われる。 その上で、9日から訪米したが、米国側にはまったく相手にされなかった。 だが、この動きに喜んだとされる人物がいる。「原爆しょうがない発言」で辞任した久間章生前防衛相だ。 「久間氏は『修正案』になった方が、海をそれだけ埋め立てなければならず利権が増えるということで、密かに支持していた。それだけでなく、その前提ですでに自分の息のかかった地元業者などに割り振りをしているからだ」(関係者) しかも、沖縄の民意は大切だが、「修正案」に固執する両首長と住民との間には乖離があるとの声もある。というのは、両首長が「修正案」を唱えるのは飛行機の騒音問題、墜落の危険性などからとされるが、「修正案」に挙がっている沖合い一帯はジュゴンなどが生息する貴重な自然地帯で、工事による自然破壊はV字案以上にひどいものになると見るのが常識だからだ。 (写真=V字案の図)…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧