アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

損害賠償請求額192億円! 本紙に加え、「ロイター」まで訴えた「アルゼ」岡田和生会長

 12月4日、パチスロ大手「ユニバーサルエンターテインメント」(旧名アルゼ。東京都江東区。6425。JQ)と、親会社で岡田和生アルゼ会長のファミリー企業といっていい「岡田ホールディングス合同会社」(東京都江東区)は、世界中にニュース配信をしているロイターの経営会社「トムソン・ロイター・コーポレーション」(米NY)とその記者、編集者を相手取り、名誉毀損に基づく損害賠償請求訴訟を東京地裁に提起したと同社HPでIRした。
本紙でも既報のように、ロイターは11月16、同30日とアルゼのフィリピンでのカジノホテル建設事業に関する贈賄疑惑(計4000万?の不透明な資金の流れ)などに関して報じたが、それは「全く事実無根」だという。
 それにしても、その請求額がすごい。
今回の請求額は2億円ながら、しかし、それは本来の請求額の一部に過ぎず、全体の請求額は192億円としているのだ。
かつて、東京は南青山の地上げに関する反社報道で、外資「サーベラス」が「毎日」相手に115億円請求したケース(和解に。提訴裁判所は米NY)があったが、これをも上回る額だ。

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧