アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

ホームレス排除の行政代執行に向けた布石か――本日、江東区が150人を動員し、竪川河川敷公園を完全封鎖

 本紙既報の通り、江東区(山崎孝明区長)は竪川河川敷公園のホームレス居住のテントを排除する行政代執行の手続きを進め、11月26日には、「12月3日から7日までの間に代執行を行なう」とする行政代執行令書を現場に配布した。
本日5日がそのXデーとにらんだホームレス及び支援者は、早朝から公園内に結集した。その数、約70人。と同時に、公園を交差する「五の橋」上では支援者が、周辺住民に向けてビラまきを開始。
 「警備員を乗せた3台の工事車両がこちらに向かっている、との情報が入りました」――ある支援者がメガフォンで知らせると、小屋の前に支援者が次々と座り込みを始めた。
今回、行政代執行の対象となった小屋は14軒。しかし今、すべての小屋は、公園の境界外の、副堤と呼ばれる場所に移動している。このエリアは、河川敷公園が元々、川だった頃の小さな堤防だ。東京都が所有している。従って、行政代執行の対象から外れることになる。
にもかかわらず、大量の警備員、区職員を動員し、公園に向かっているとの情報が入ったことで、“法をも無視して強制排除に来るのでは!?”と支援者の間で緊張が高まった。
 8時50分、支援者が警戒の笛をならすなか、警備員、土木課の職員が続々と登場、公園内から支援者やメディア関係者を締め出した。

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧