アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

現在もグループ会社で続行――クロマグロ詐欺疑惑「シールド」の甘い投資話にご注意

 本紙がクロマグロ詐欺疑惑の「シールド」(東京都中央区。冒頭右写真は入居ビル)につき追及していたところ、今年8月、元代表の中村浩一郎氏(冒頭左写真の右人物)が人を介して本紙に接触、一連の疑惑について持論を展開した。 最大の問題は、クロマグロを本当に自社生産しているかどうかだが、いくら言い訳しようが、マグロ養殖会社を買収できていないのだから、それでクロマグロ養殖を売りに資金集めをすれば詐欺罪に抵触する可能性があると言わざるを得ない。 さらに、本紙の問いに中村氏はクロマグロ養殖を売りに資金集めをしたのは1回切りで、現在は行っていないとのことだった。 だが、それは虚偽だった。 本紙が指摘した1回切りとは、グループ会社「シールドジャパン」の社債の4億1900万円分を指すのだが、本紙で入手した一連の内部資料などを検討すると、その後もシールドジャパンでは2億1000万円分(同09年11~12月)など複数回の募集を行っている模様だ。 また、並行して「シールド」でも社債を最低3回(09年7~8月に募集の3億5900万円分など)は発行している。 さらには、持ち株会社の「天成ホールディングス」(中村氏は今年9月1日、会長から代表取締役会長兼CEOへ)では昨年6月?8月にかけてこちらは第1回目の第3者割当ないし普通の増資を行い、すべて払い込まれれば実に30億円分。昨年9~11月にかけても第2回目の募集を行い、同20億円分にもなることがわかった。 そして、この募集形態に関しても金商法に違反する可能性があるようだ。    本紙に情報提供してくれた、ある投資家はこう証言する。 「8月9日の貴紙の中村の反論記事を読みました。 本当に徹底追及しようとしているのでしょうか? その後、記事が出るものと注目していましたが一向に出ません。 8月9日の記事で、中村は集めたのは『10数億円』『シールドの1回の社債だけ』と答えていますが、私たちは第8回シールドの社債、第9回シールドジャパンの社債、それに天成ホールディングスの第2回目の第3者割当増資に出資していますし、いま現在も勧誘されています。ところが、配当はこの6カ月滞っています。 退社した営業マンによれば、少なくとも30億円は集めているといっていました」。 (上写真は1回切りの募集でないことを物語る「天成ホールディングス」の第3者割当などの1、2回増資の要項と、「シールド」の昨年3月分の預かり証)…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧