アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

安倍政権初+安倍お膝元の国政選挙――参院山口補選自民党候補の素顔(1)出馬の背景

 「下関市長時代、何もこれという実績がなく、思いつきで中途半端、しかも国内外の旅行に出かけ市長室に来たのは週2日と石原都知事並。やる気もなければ、市長としての資質もない。他に候補者がいない? 声をかければ出たい者は複数いた。なぜ、ああいう者が出ることになったかといえば、それは安倍(晋三首相)さんの意向なのは間違いない。選挙事務所が自民党事務所で、そもそも自前の後援会すらないんだからね」
いよいよ4月11日(木)の公示が迫って来た参院山口補選(投開票28日)だが、冒頭のコメントは、自民党公認の江島潔・下関市前市長(55)の対立候補・平岡秀夫元法相(=下写真。59。民主)陣営のものではない。本紙が夜9時過ぎ、アポなしで自宅を訪ねたにも拘わらず、招き入れてくれた地元の自民党有力者のものだ。
 党則に違反するからと、匿名が条件だったが、自民党の中でもなぜ、よりによって江島候補なのかと不満がくずぶっているのは明らかだ。
その理由は、この連載のなかで新たな事実を示して行くが、本紙でも既報のように、悪評はすでに市民の間にかなり広がっていたことから、江島氏は09年3月の下関市長選に出馬せず(市長は95?09年まで4期約14年)、その後、浪人生活を送っていた。
絶対匿名を条件に、当事者が重い口を開いた。
「(09年の市長)選挙の少し前、安倍の総裁選の時の資金を江島が回しとると。これまでに市の官製談合で、一説では江島は20億円は抜いとるという記事のコピーを2000部ほど刷って撒いたんよ。ちゃんと記事を見てもらうために、市役所の封筒に入れて郵送した。


これが出馬を諦めた原因やとワシは思うとるよ。安倍も、江島の悪評が高くなってこれは当らんから、今回は見合わせろというたんじゃと思う」
これはちゃんとした記事であり、怪文書の類ではない。『週刊金曜日』にもよく寄稿していた、地元のジャーナリスト・李隆氏(今年3月がんで死去)の署名原稿(上写真=月刊『自然と人間』。08年10月号)であり、江島、安倍氏共、提訴などしていない。
その当事者A氏が続ける。
「江島は地元の大地主やから、カネには全然困ってない。それやのに、なぜ、全国的にも例を見ない露骨な官製談合を就任当初からやり続けたのか? 安倍のためとしか思えんのよ」(横写真=江島氏所有の5階建てマンションと売却した土地に建つ済生会病院)
ある下関市議が続ける。

「見返りは政治家のポスト。江島さんは上昇志向が強く、最初から市長はステップアップの過程と思っていた。父親は旧国鉄出身の参議院議員だから、それぐらいはと。ただ、私は最終目標は山口県知事と見てます」
江島氏の父は安倍首相の父・晋太郎元外相と同じ派閥(清話会)に属し、江島氏の結婚式の時の媒酌人は晋太郎氏と妻・洋子さんだったという。
つまり、4年ほどの“冷却期間”を経、また参議院選は県全体が選挙区で江島氏のこと(悪評)を知らない選挙民も多いなか、安倍首相が“見返り”として今回の参院補選の候補者に指名したと見るのだ。この見方は冒頭の自民党有力者含め、皆、同じだった。
ところで、いよいよ選挙戦が始まろうというなか、江島氏が妻と仲良く映った選挙用ポスターが話題になっている。
「江島氏に市長時代から愛人がいることは、関係者なら誰もが聞いている。そのため妻と不仲になり、江島氏は離婚を申し出たが、妻はカトリック信者で離婚できないと拒否し、離婚調停は不成立に。しかし、ずっと別居のはず。それがなぜ、仲睦まじいポスターなのか? と……」(同。横写真=江島夫婦)
愛人の具体的な名前や住居の情報もあるが、公表は控える。ただ、江島氏が離婚調停を申し立てていたのは紛れもない事実だ。
関係資料などによれば、江島氏が離婚調停を簡易裁判所に申し立てたのは市長時代の03年5月(同年7月取り下げ)。代理人は市の顧問弁護士。
その江島氏の主張によれば、83年2月に結婚したものの、性格、生活習慣、趣味などの不一致から、結婚当初から2人だけで外食をしたり、遊びにいったこともないという。さらに江島氏が政治家を目指し出し、また下関市に暮らし出したことにも反対で、これにより不仲が進み、99年夏ごろから別居しているという。
別居の1年前からはキッチンドリンカーの妻に、「口では負けるから」と足蹴にされるという屈辱感を味わい、「全てにおいて不一致で、一緒に生活することの意義や必要性を全く見出せません」と江島氏は断じている。
それにも拘わらず、仮面夫婦を演じているのだとすれば、それは選挙民に対する裏切り行為ではないのか?

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧