アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

次期社長の声もーー「A.Cホールディングス」と太陽光発電システム販売でタッグを組む「エステート24」秋田社長の狙い

 5月10日、事業持ち株会社「A.Cホールディングス」(1783。JQ。東京都港区)は、同日の取締役会において、開催予定の臨時時株主総会の日時変更と、付議議案の追加を決議したとIRした。
臨時株主総会開催日は6月14日に変更。
そして何といっても注目されるのは、A.Cホールディングスが主要子会社「南野建設」による建設・不動産事業、同「A.Cインターナショナル」、「ワシントン」などにおけるゴルフ・リゾート事業に加え、新たに太陽光発電システムの販売を行えるように定款変更、その人材として「エステート24ホールディングス」(大阪市中央区)の秋田新太郎社長(冒頭写真)らの取締役増員を内定したことだ。
秋田社長といえば27歳という若さ、そしてエステート24は創業してまだ4年余りなのに、頭金0円、月々1万円以下でも設置可能を売りにすでに売上高約136億円、経常利益約5億円(12年12月期)と上場企業並みの業績を上げている。太陽光発電ブームの先行きを占う、ベンチャー経営の旗手といわれる。
もっとも、若さ故に脇の甘さもあり、本紙既報のように、融資に際してA容疑者に会社を乗っ取られそうになり、また目新しい太陽光発電事業ということもあり、社会的信用力はまだ決して高くはない。
そこで上場企業の信用力を背景に、さらに太陽光発電事業を伸ばすべくA.Cホールディングスに目を付けたと思われる。
だが、A.Cホールディングスの背後には、「ワシントングループ」社主で、大物仕手筋として知られる老練狡猾な河野博晶氏が控えており、一筋縄ではいかないとの見方もある。

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧