アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

「エステート24」に関するネット書き込み発信源は、あの青山清利グループ本社ビルと同住所

  融資を契機に、様々な手口を駆使して相手企業に入り込み解体ないし乗っ取る青山清利氏率いる事件屋グループが、今度は太陽光発電の「エステート24ホールディングス」(秋田新太郎代表=冒頭写真。大阪市中央区)をターゲットにしたことは本紙既報の通り。
もっとも、エステート24側の仮処分申し立てが認められ、青山グループが送り込んだと思われる役員は1月31日付で職務執行停止となり(下右写真)、1月17日に解任されていた創業者でもある秋田氏は社長に復帰した。
これにより、青山グループVSエステート24側の勝負はエステート24側の勝ちでほぼ決定。後は、すでにエステート24側が行っている告訴を受け、当局がいつ動き出すかに関心が向いていると思ったら、そこは名うての事件屋グループ、反撃に出ていた。
 1つは、1億円の債権がまだあるとして、その確認の民事訴訟を提起した件だ。
「告訴の受理を阻止するのが狙いでしょう。当局にすれば、金銭貸借の民事訴訟があると知れば、民・民の争いには不介入として二の足を踏みますから。しかし、1億円の債権の証拠とされるものは、エステートのT執行役員(当時)が青山側に渡した印鑑を使うなどし、バックデートで作った架空債権。したがって、通帳にはそれに該当する記帳が一切ないなど、実際の金銭貸借を裏づける証拠は他にないようです」(大手マスコミ記者)
そしてもう1つは、「2ちゃんねる」の電子掲示板への書き込みだ。
それはエステート24側が発信者情報開示等仮処分申し立てを行い(上左写真)、その審尋中の1月下旬に集中していた。

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧