アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

有名事件屋・青山清利の未公開株詐欺事件捜査の行方

 本紙でも既報のように、5月9日、未公開株詐欺容疑で埼玉県警についに逮捕された青山清利容疑者(38)。
県警発表によれば、ゲルマニウム商品の総合商社「創健舎」(東京都新宿区。冒頭写真は入居ビル)が上場予定もないのに、「来年(2011年)4月に上場する。絶対儲かる」などといって株購入代金を振り込ませ、被害者は全国に約50名、被害総額は約4億2000万円に上るという。
 そして、すでに創健舎社長は逮捕され、今年3月の一審判決で実刑となり、現在、控訴中ともいう。
しかしながら、いま現在も同社の社長は代表のままで会社は営業しているし、過去の記事を検索したところ、先の社長ら逮捕の記事は一切見当たらない。また、大手企業信用調査会社の資料(今年3月)を取り寄せたところ、やはり逮捕の事実は載っていない。さらにいえば、今回逮捕の記事検索をすると、一度は報じられていたのに、現在閲覧不可になっている記事も存在する。
いったい、これはどういうことなのか?

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧