アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

<主張>『週刊朝日』報道を安倍首相が批判ーー姑息な首相の心根が見える

 冒頭に掲げたのは、昨日発売の『週刊朝日』(5月4・11日号)の新聞広告と、本日の「朝日新聞」の“お詫び記事”を組み合わせたものだ。
 その下に掲げたのは、同じ「週刊朝日」の電車などの「中刷り広告」の一部。
 先の長崎市長射殺事件に関し、『週刊朝日』は安倍首相と何らか関係あると受け取れる記事見出しを掲載した。これに対し、昨日夜の官邸での会見で安倍首相が「広告は捏造」、「報道ではなく政治運動」などと発言、それを伝え聞いた朝日側は本日朝刊で編集長名で「お詫び」などを出したというわけだ。
 ただし、関係者によれば、写真下の「中吊り」の方が時間的には先で、つまり朝日側は以前の大人しい見出しから、後でより過激な表現にしていたわけだ。
 もっとも、その内容は、本紙がすでに4月19日に報じている記事内容と基本的に同じなので、そちらをご覧いただきたい。
 要するに、『週刊ポスト』が早くに有力秘書に対する右翼団体の糾弾行動に関して報じているのだが、その糾弾していた団体のなかに長崎市長を射殺した犯人が所属していた「水心会」(事件後、解散)も含まれていた。そして、今年に入って警視庁はその「水心会」の別の幹部を銃刀法違反で逮捕。もし、警視庁が銃器を押収した際に漏れがあり、それが今回の犯行に使われていたらーーといった内容。読めば、長崎市長射殺事件と安倍首相、そして秘書が直接の関係がないことは一目瞭然だ。
 そうはいっても、見出しだけ見れば、確かに安倍首相が何か射殺犯人と関係あるように見え、不適切な表現なのは事実だから、朝日側は安倍首相の激怒ぶりにマズイと思い、先手を打って自らお詫びしたようだ。
 だが、それにしても、繰り返すが、本文を見れば関係ないのは明かなこの程度の一週刊誌の表現に、いちいち目くじらを立てている場合なのか。
 というのは、安倍首相は自分が不利と思った時は無視を決め込み、そうでない今回のような時は鬼の首でも取ったかのように指弾する。これはとてもフェアな態度とは思えないからだ。

 実例を示そう。
 本紙・山岡が『週刊金曜日』でレポートした際の北海道霊園疑惑の時の信じがたい対応については、本紙は2005年2月19日 に報じている。タイトルはズバリ、「北海道霊園疑惑ーー安倍晋三代議士の呆れた取材拒否理由」。しかも、その後も関係は切れていないようなのだ。
 ところで、今回、安倍首相は自分だけでなく、秘書が犯人や暴力団と関係していたら、自分は首相を辞めるとまで言っている。
 ならば、お尋ねしよう。
 本紙でも既報の地元の自宅放火事件絡みで、秘書が犯人に300万円支払っていた件、これはまったく無関係と言えるのか。それどころか、この疑惑は大手マスコミが本気でキャンペーンを貼っていたなら、あるいは、安倍氏は首相になり損ねていたかも知れないほどのネタだと本紙は思っている。
 さらにいえば、これも本紙既報だが、先の300万円の支払いは、安倍首相のお膝元・下関市長の選挙応援絡みの可能性が高く、そこまでして応援している秘書に暴力団との癒着疑惑も出ているのだ。これは2005年12月2日(「下関市・江島潔市長、今度は元暴力団組長への損失補填疑惑」)、2006年1月22日(「安倍官房長官の地元・下関市長と広域暴力団の癒着を示す文書」にも書いてある。
 そもそも一国の首相が、一週刊誌のタイトルに激怒し、提訴手続き中との報道もあるが、そんなことに本当に時間を割いているとすれば、本当に国政に邁進しているのかと疑いたくもなる。
 そして何より、その度量の狭さに驚かざるを得ない。こんな人に、本当にわが国の舵取りを任せておいて大丈夫なのか!?

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧