アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

首吊り自殺していた「USEN」宇野康秀社長の兄

本紙がいち早く報じた(3月23日)この件 、明日発売の『週刊新潮』も記事にするというので、さらに詳細をお伝えしたい。  本紙が得た情報によれば、ヘラクレス上場「USEN」(東京都千代田区)の宇野康秀社長(44。左写真)の兄・康彦氏(右写真)が自殺したのは警視庁麻布署管内の自宅だという。享年46歳だった。  後には高齢の母、それに奥さん、まだ小学生の一粒種が残されたようだ。 「康彦さんはバツイチで、現在の奥さんとは社内結婚だと聞いています」(知人)  それにしても、死因は何なのか。  弟の康秀氏は明治学院大学卒後、リクルートコスモス勤務を経て、現在、ジャスダックに上場している人材派遣会社「インテリジェンス」を創業。それに対し、兄は同志社大卒後、リクルートを経て、先に父が創業していたUSENの前身・大阪有線社に入社。専務を務めていた。  兄であることに加え、そうした経緯だけに、1998年の父の死去後、それまで同社と関係なかった弟・康秀氏に後継社長の座を譲ったことは、いくら「経営力、決断力ともに弟の方がはるかに上」と関係者が誰もが認めるとはいえ、やはりショックには違いなかったようだ。  しばらく海外で充電期間を送り、帰国後、「デジタル・プレス・ネットワーク」を設立。だが、事業はことごとくうまくいかず、ほどなく自己破産しているはずと前出の知人は漏らす。  とはいえ、その知人は、決してそうした失意で自殺するようには見えなかったという。 「大阪有線放送社時代、親父さんにしょっちゅうドヤされていましたが、鈍感といってもいいほど、まったく動じた様子がなかった。失意が理由なら、自己破産した時に自殺してますよ」(前出・知人)  自殺するはずがないという理由は、他にもあるという。資金の潤沢さだ。 「弟が成功したものだから、兄の元には詐欺師を始め、いろんな人が事業の話を持って来ていました。そして、その度に失敗していました。だがその都度、弟の康秀さんが金銭の面倒を見ていたはずです。恵比寿ガーデンプレイスタワーの事務所の数百万円はするであろう家賃も、弟が払ってあげていたというのが、我々ヒルズ族の一致した見方ですよ」(別の知り合い)  セルフケア社を立ち上げ、「健康ナビ」という雑誌を出し、病院ランキングのようなことや、健康器具・健康食品の通信販売に乗り出したこともあった。株主には「カルチュア・コンビニエンス・クラブ」、「オリコン」なども名を連ねていた。 「その会社は東証のグリーンシート市場に登録までされました。ですが、ほどなく解散しています。それが3年ほど前のことです」(同)  それにしても、表向きは決裂していたともいわれるなかで、先の資金援助が事実だとすれば、なぜ弟の康秀氏は兄の面倒を見続けていたのだろうか。 「それが謎なんですが、ただ一つ気になる事実があります。  USENが今日のインフラ設備を整えられたのは、父が大阪有線放送社時代に無断で電柱にケーブルを敷設したというのは有名な話です(そのため、父は大阪府警に2度の逮捕歴あり)。父の死後、康秀さんがNTTや各電力会社を回り、その負の遺産(違法営業)を和解金を払って解決したと評価されています。  しかし、父がまだ生きていた時代、三菱商事や日本IBMなどを動かして清算しようとしたことがあったんです。その際、敷設状態を把握した図面さえなく、それを作った。そうした中心にいた1人が兄だったんです。大前研一氏もですね……」(事情通)  結局、父はこのままでは三菱商事に会社を乗っ取られることを懸念、中断したが、その時の資料や人脈あってこそUSEN・康秀社長は負の遺産をスムーズに整理できたと見る。 「そうしたもろもろの事情から、兄の面倒を見ていたのではないでしょうか。兄のために康秀さんがつぎ込んだ資金は数十億円は下らないでしょう。異母兄弟で、子供のころも交流はなかったはずですから、内心、康秀さんはホッとしているのか知れませんね」(同)  いずれにしろ、余りに早い死である。ご冥福をお祈りしたい。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧