アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(46)政治銘柄

今回は、永田町周辺から漏れ伝わって来た話。近く、次の各社がかなり大きな工事を受注することで内定しているという。  早い話、談合で決定済みというのだ。  事が事だけに、まだ詳細は言えないが、軍事絡みの公共工事なので、久間章生防衛大臣も関係しているのかも知れない。  名前が出ているのはいずれも東証1部の「大和ハウス工業」、「飛島建設」、「東洋建設」。大和ハウスは年商1兆5000億円以上を誇るがあくまでプレハブ主体。この辺が、この工事の性格を現している。 「超大型工事とはいえないが、飛島、東洋は年商が1600億円ほどで、再建中でもある分、受注できれば本当にありがたいはず。株価に反映してもおかしくはない」(事情通)  もう一社、内定しているのは未上場の「鴻池組」とのこと。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧