アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

省内からも久間防衛大臣との蜜月ぶりに、「(自称)フィクサー」に批判の声

 本紙では3度に渡り疑惑を指摘した、秋山直紀「(社)日本平和・文化交流協会」(以下、文化交流協会略。昨年6月、「日米文化振興会」から名称変更)専務理事について、最近、防衛省内からも批判の声が聞こえて来る。  彼の過去の疑惑に関しては、以前の記事をご覧いただくとして、久間章生防衛大臣との関係(上写真は02年5月、文化交流協会が国の助成を得て久間大臣等を渡米させた時のショット。右端が秋山氏。久間氏は右から6番目。その左横はアーミテージ国務副長官=当時)でいま疑惑が出ているのは、航空自衛隊の輸送機の後継機種を巡る利権。  2011年から順次、交換して行く予定のようだが、エンジンは米GE社で、機体は川崎重工業が生産するC-Xなる機種(横写真)で決まりと見られる。その利権は約1000億円とも言われるが、その購入代理店は、すでに軍需専門商社「山田洋行」に決まっていると言われる。  秋山氏は故・戸川猪佐武氏との出会いを契機に政界に人脈を築いたとされるが、本当の実態はよくわからない。  ところが、ある関係者はこう証言する。 「戸川さんのところで書生みたいなことをやっていたのは事実。その戸川氏の死去後、浅草に本社があった音響メーカーに就職、ここは学校や公会堂等に納入する業者で、このK社の女社長に気に入られ,秘書や役員を務める中でゼネコン談合人脈を築く。建設相まで務めた綿貫民輔や中西啓介に食い込み、中西が防衛庁長官をやった時を機会に今日の防衛利権漁りの方に転じる。その際、東京相和銀行(現・スター銀行)の長田庄一にも可愛がられ、中西長官(当時)と3人で渡米までしている。そしていまは、防衛族のなかではもっとも久間に食い込んでいる」  そしてC-X購入の代理店を務めると見られる商社、前出・山田洋行と言えば、かつては東京相和銀行の直系子会社の地位にあった。  国防族議員が二元外交を行い、自分たちと癒着した企業に受注させてバック・リべートを受け取る構図だとしたら、そんなことが許されていいはずがないだろう。  写真は秋山氏が実質、主催した「第4回日米安全保障戦略会議」(04年11月。久間大臣は基調講演を行う)のパンフレットに出された山田洋行などの広告。同パンフに載った「協賛企業」部分も一緒に転載しておく。  …

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧