アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

<記事紹介>「久間『雀荘事務所』大臣に今度は1000万円『裏献金疑惑』」(『週刊新潮』2月15日号)

本紙の連載「宝田陽平の兜町アンダーワールド」30回目は、上場廃止になった「丸石自転車」を巡って事件化する直前、当時の社長が久間章生防衛大臣に1000万円裏献金し、その後、公安畑の刑事が同社に天下った疑惑が出ていると報じている。1月30日のことだが、2月7日発売の『週刊新潮』が同じ疑惑を記事にしている。 だが、ここで気になるのは、この疑惑、本紙が得た情報では、某全国紙が精力的に取材したものの裏が取り切れず、結局、記事化を見送ったと聞いていた事実。 ある関係者はこう語る。 「本当に記事に書かれている通りの裏を取り切ったのか。それなら、何もいう立場にないが、疑問を感じざるを得ない」 記事化を見送った全国紙側のプライド、また、ひょっとしたらやっかみもあるのかも知れない。『新潮』の記事通りなら、東京地検も関心を寄せているというし、贈賄の時効はまだ2年も猶予があるから、まさに久間大臣は大ピンチ、新潮側は大スクープだ。 そこで本紙は、久間大臣の関係者にこの件で感想を聞いてみた。 「え、そんな記事が出ているの? 問題ないですよ。告訴? うちの親父は太っ腹だから、その程度、無視です。無視」。 強がりなのか、本当に太っ腹なのか?…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧