アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

当時、『女性自身』で「淫行事件で事情聴取」と報道されていた羽賀研二

 マルチタレント、羽賀研二(44)の疑惑を前回報じたところ、糸山英太郎元代議士の淫行に関する疑惑が浮上した当時、『女性自身』(2004年3月2日号=写真。ただし「元国会議員」の表現で、糸山氏の名は伏せている)で報道されていたことを知ったので報告しておく。  この記事に対し、羽賀は名誉毀損で(損害賠償請求額は500万円)提訴。東京高裁は名誉毀損を認める逆転判決を下し、出版元の光文社に100万円の支払いを命じている。  ただし、この名誉毀損は記事そのものに対してではなく、掲載誌の新聞や電車の中の中吊り広告だけを見た者は「事件に直接関与して取り調べを受けたとの印象を与える」との判断による。  記事を読めば、「参考人として問い合わせを受けただけと理解できる」として、記事そのものが名誉毀損との羽賀の主張は退けている。  ところで、この『女性自身』の記事を見てみると、羽賀は事務所を通じた文書回答のなかで、元国会議員に会ったのは一度だけで、元議員のことはよく知らないとしている。  だが、今回本紙が入手した「供述調書」によれば、糸山氏と、相手をする女性を物色するためと思われる席で、羽賀が仲介役として登場、その女性たちを自らベンツを運転して顔合わせの店まで案内しているのだ。また、到着した店では女性を1人ひとり、糸山元代議士に紹介までしている。  そして、この供述している女性はその後、糸山元代議士の夜のお相手をしているのだ。  ただ一度だけ会った、よく知らない者のために、果たしてそこまでするものだろうか。  なお、この糸山氏の淫行疑惑に関してはもう1人、有名人が関係しているようだ。こちらはタレントではなく、代議士の息子。それも大臣や自民党3役まで務めたこともある大物代議士の息子だ。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧