アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

石原都知事に吹き出した新たな献金疑惑

昨年末、石原慎太郎東京都知事に関する「裏献金疑惑」が週刊誌等で報じられたのはご存じの通り(上写真=「サンデー毎日」06年12月24日号)。  2005年9月、三男・宏高氏が“郵政民営化選挙”で初当選を果たした直後、東京・銀座の高級料亭「吉兆」で秘密会合が設けられ、その席で焼酎『森伊藏』の空き箱に1500万円が詰められて石原知事に渡されるなど、その時の参加者から渡された計2000万円の献金が政治資金収支報告書に記載されていないという疑惑だ。  その主な参加者は石原都知事、糸山英太郎元代議士、宏高代議士、それに水谷功・水谷建設会長(当時)(下写真=その「吉兆」での記念写真。右から記載通りの順番)。  その後、水谷会長は脱税容疑で逮捕、起訴されたことから、何のための献金だったのかとなおさら脚光を浴びたものの、石原親子、糸山元代議士も現金授受の事実はないと主張したことなどから、この疑惑はうやむやになっている。  こうしたなか、新たな献金疑惑が出て来た。  もっとも、こちらの献金は政治資金収支報告書にキチンと記載されている。石原知事に献金したものだが、問題はその献金がなされた背景だ。驚くなかれ、元代議士の事件潰しに関係しての謝礼の可能性があるというのだ。  横に掲げたのは、2003年分(03年4月?04年3月)の糸山元代議士の政治団体「新日本政経育成会」と、同年分の石原都知事の資金管理団体「石原慎太郎の会」の該当箇所。  これを見ると、糸山元代議士はこの年度、石原都知事に計3000万円献金したことがわかる。事情通が解説する。 「この年度、糸山さんに女高生を紹介して淫行させたとして男女3名が逮捕されます(横写真は「読売新聞」04年1月16日夕刊)。もっとも、糸山さんは18歳以下とは知らなかったということで罪には問われませんでした。だが、当初警視庁は逮捕された者のうちの1人から告発を受け、糸山さん逮捕の方向で動いていた。糸山さんの自宅のガサ入れまで行った。それが突如、捜査方針が変更になり、斡旋した者はもちろん、告発者まで逮捕されてしまった。警視庁に対する圧力があったとしか思えません。何しろ、糸山さんはそれ以前、石原さんにはまったく献金してなかったんですから。それが突如、3000万円の献金ですよ」  周知のように、わが国の警察は自治体警察で、警視庁に対する最大の権限を持っているのは東京都のトップを務める石原知事なのだ。  もっとも、先の政治資金報告書によれば、糸山元代議士が献金した日付は03年3月22日と5月27日。  これに対し、警視庁に告発されたのは03年7月中のこと。時系列的に合わない。  だが、前出の事情通はこう見る。 「時系列が合ったら、いかにも怪しい。それでわざと日付を前倒しして記載したのではないか」  確かに、この記載、糸山元代議士側は前述のように03年3月22日と5月27日となっているのに、一方の石原知事側の記載は3月22日と3月27日と食い違い、記載が適当にされていることを窺わせているのだ。   ところで、横に掲げたのは3000万円の献金が糸山元代議士側からあった同年度の「石原慎太郎の会」の寄付に関する記載ページ。  これを見ると、3男・宏高代議士側に2000万円寄付していることがわかる。だが、石原都知事への献金は、当然ながら、石原氏知事を応援すべく出されたカネで、それをいくら息子とはいえ、別人格の宏高氏に献金することが許されるのか。これも少なくとも道義的にはとんでもない話で、責任を追及されてしかるべきだろう。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧