アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

糸川代議士への取材データ漏洩で浮上した、東京・南青山の地上げ巡るサーベラスと中川幹事長の関係

 本日、毎日新聞社は糸川正晃代議士(国民新党)への取材の際の録音データ等を外部の者に漏洩させたとして、社会部記者を処分した。  昨日、東京・南青山の土地取引を巡り国会質問した糸川代議士を、福井市内のクラブに呼び出し、再質問しないように脅したとして、警視庁組対4課と福井県警の合同捜査本部は、大証2部上場の中堅ゼネコン「平和奥田」(本社・滋賀県東近江市)の元相談役を逮捕するなどした(左写真=「毎日新聞」2月22日)件のデータだ。  問題の南青山の地上げは、外資サーベラスのグループ会社が行っていたが、その際、暴力団関係者に謝礼を払ったと「毎日新聞」が報道。その記事をサーベラス側が訴えたが、その後、和解になっている。  今回、社内処分を受けたのは、このネタを入手、精力的に取材を行っていた記者だが、糸川代議士への脅迫には暴力団組長、さらに後述する“糸川証言メモ”によれば、サーべラスの副社長も同席しており、記事が真実であったことを改めて裏づける格好になっている。 (右写真=またも名前が登場の中川幹事長)。  ところで、今回、情報漏洩が発覚したのは、福井市内のクラブで脅迫された時の様子を、処分を受けた前出・記者の取材に、糸川代議士が答えた時のデータがネット上のブログで公開されており(現在は閉鎖)、それを見つけた「産経新聞」が毎日新聞に取材したことによる。  一説では、処分を受けた記者のネタ元(元暴力団組長Y氏)にデータが渡り、それがさらに某フリーライターに渡り、ブログ掲載に繋がったという。  明日の「産経新聞」朝刊に、情報漏洩の記事が出ることを見越し、即、毎日新聞は社内処分を行ったと見られる。  その結果、注目されるようになった“糸川証言メモ”だが、内容を見ると実に衝撃的なのだ。  糸川代議士がクラブまで出かけたのは、大野功統防衛庁長官(当時)の秘書と、岩永峯一農水大臣(同)の息子も同席していたからであることは、本紙でも既報の通りだが、その場にはいないものの、亀井静香代議士、中川秀直代議士(自民党幹事長)の名前も登場している。  なかでも、糸川代議士が、圧力にもっとも積極的に関係していると睨んでいたのが中川幹事長。  以下、問題のメモ(写真)から中川幹事長に関する主な箇所を抜粋する。 「本来何ヶ月もかけて中川秀直と話をして、青(山)の土地が買えるという話をしてようやく詰まってきたところで」、「中川さんは政府の資産を売却するリーダーになっている」、「UR(都市再生機構。当時、サーベラスとURがほぼ半々ずつ問題の土地を所有)が中川先生にいったんじゃないですか。その可能性はありますよね。中川先生は相当あくどいですよね。中川先生が売っているもの、売ろうとしたいものをたたけば相当ホコリが出るでしょうね。そういう匂いがぷんぷんする、そういう案件です」、「一番彼が失敗したのは中川秀直の名前を出したことでしょう」。  中川代議士は当時、自民党政調会長として、国有地売却を目論んでおり、その一環として南青山の都市再生機構の土地の売却も遡上に上がっていたと見られる。そしてサーベラス側に売ればかなりの利益が見込めるなか、外資=ハゲタカファンドとの認識で質問する糸川代議士が邪魔だった可能性はある。   本紙指摘の「アドテックス」絡みに続き、またまた暴力団絡みの案件に中川幹事長の名前が登場した。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧