アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

「私は20日で必ず出て来る」??逮捕前、そう周辺に自信満々に語っていたESI社長の底なし疑惑

 昨日も紹介した、2月5日、東京地検特捜部が詐欺容疑で逮捕した、安倍首相にも繋がる人脈を有する環境ベンチャー企業「イー・エス・アイ」の京塚光司容疑者(62)。 彼の素顔等に関する興味深い証言を、極めて近い関係者から聞けたので報告しよう。 最も興味深いのは、逮捕のわずか数日前に会った知人に、京塚容疑者は「20日で出て来れるからまた会いましょう」と自信タップリに語っていた事実。 彼に容疑がかかっている詐欺案件は、悪質かつ使途不明金が出ていることから、とてもではないが常識的に考えて20日で出れるとは思えない。 まして、京塚容疑者は著名な国立病院の医師なども引き入れた総額70億円にも及ぶ補助金を得た別事業も手がけており、その件でも疑惑が出ているというのだ。 その件で、京塚容疑者に管轄官庁の役人に会わせられたという者もいる。20日で出れるという発言といい、京塚容疑者が各方面に強力なコネを持っている様子が窺える。その源泉はどこにあるのか。 (チャート図=『週刊ポスト』2月23日号「安倍スキャンダル」特集記事中相関図より一部抜粋) この京塚容疑者、1944年3月生まれ。東京大学卒で、入社した東京海上火災保険(当時)では早くから将来の社長候補とも言われていた。 だが、女癖が悪く、浮気相手が会社に怒鳴り込んで来て、公務室長、公開部長まで務めたが、自ら辞表を書いて退社したという。 「ともかくちょっとかわいいと、ウェートレスまで見境なく次々と声をかける。病気ですね。クラブ遊びも相当やっていたようです」(事情通) 逮捕前には、複数の著名弁護士に弁護を頼もうとした形跡もある。 具体的には、パチンコ業者との癒着を記事にされたこともあるヤメ検のM氏、同じくヤメ検でJALの顧問などを務めているY氏、あのオウム事件を指揮した警察庁キャリアのK氏などの名前が挙がっている。 「政治家ともかなり親しくしていた。なかでも中堅代議士のM氏は相当親しかったみたいですね。ニューオータニで顔を会わせたこともありますが、近年はヤクザに脅されているといって、いつも周りをキョロキョロして落ち着きがなかったですね。 保険会社時代はふっくらしていましたが、最近は頬がこけていました」(知人の1人) 東京地検特捜部は何を目指し、どこまで迫れるのか。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧