アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

「ビーマップ」株価操作容疑で、顔をしかめる警察庁、公安調査庁幹部等

2月14日、大阪府警捜査4課と証券取引等監視委員会が、パチンコ攻略法で知られる情報提供会社「梁山泊」の元幹部等がヘラクレス上場「ビーマップ」の株価操作をしていた容疑で、梁山泊本社(大阪市西区)等を家宅捜索したのは大手マスコミで既報の通り(写真=「毎日新聞」2月15日。下写真は「ビーマップの」のチャート図)。  まだ「梁山泊」元幹部の名前までは報じられていないが、当局が狙っているのはM氏やN氏と見られる。 M氏は元広域暴力団組員だし、N氏もその周辺者。株価操作した際、インターネットの名義には暴力団幹部など数十人の名義を借りていたというから、どんどん摘発してもらいたいものだが、実は一方のN氏の親戚筋に元警視庁幹部で、その後、公安調査庁トップまで務めていたA氏がおり、関係者は頭を痛めているという。 これは、たまたま親戚筋にそういう者がいたという話ではないからだ。 本紙でも何度か報じているマザーズ上場の「アイ・シー・エフ」(現・オーベン)。前出・N氏はそこの役員に就任していたこともあるが、その公安調査庁元トップA氏が同社の幹部に天下っていた。 要するに、両者は利益関係にあったのだ。 しかも、本紙既報のようにアイ・シー・エフに関しては告発がなされ、警視庁が動いていると見られるが、その疑惑のなかにはN氏が関与したとされるものもある。 「A氏は不正を取り締まるべき最高責任者の地位にあった。疑惑が出てくること自体、失格だし、学生時代から暴力団関係者とつきあい、まともに仕事もしたことがないN氏が関係する会社に就任することがそもそも論外の話」 関係者は、こう首を傾げる。 しかも、アイ・シー・エフの疑惑のなかには、北朝鮮政府の代理人が関与した件もあった。 間接的とはいえ、公安調査庁元トップが天下った会社に、最大の調査対象であった北朝鮮政府代理人が関与して不正を働いていたとすれば、まさに事実は小説より奇なりを地で行くような話ではないか。 「A氏は大手銀行や製鉄会社等の監査役等にも就任しているが、A氏自身、なかには産廃絡みの不正を掴み、逆にそれを利用して就任したなんていう噂さえ囁かれているんですよ」(同) N氏の近い逮捕を契機に、A氏の名前は明かしたい。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧