アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

『週刊ポスト』が東京地検特捜部が捜査と報じる、安倍首相に連なるESI人脈に関する内部資料(本紙入手)

 去る2月5日、東京地検特捜部が環境リサイクル企業「イー・エス・アイ」(休眠中)の詐欺事件で、同社社長・京塚光司容疑者(62)を逮捕したと新聞各紙が報じたのはご存知の通り。 被害額は4億4000万円とされているが、今週発売の『週刊ポスト』(2月23日号)はこれ以外にも10億円以上を騙し取っており、そのカネも使途不明となっているが、その多くは安倍首相の裏献金団体とされる私的後援会組織「安晋会」と人脈を同じくする「慧光塾」なる宗教がかったコンサルタント会社の主催するセミナー参加企業からのもので、安倍首相に裏献金として渡っている可能性もあると報じている。 事実とすれば、安倍首相の首が飛びかけないスキャンダルだが、そのセミナーとは具体的には慧光塾主宰の朝食兼勉強会「光フォーラム」を指す。もちろん、イー・エス・アイの京塚容疑者もそのメンバーだった。 本紙はこの点に関しても触れられている内部文書を入手しているので、その部分を以下に掲載する。 さらに2005年4月、慧光塾の代表者(05年7月急死)の長男と、もっともその代表者を慕っていた「穴吹工務店」の穴吹英隆社長長女との結婚披露宴が行われ、安倍首相も出席していたのは本紙でも既報の通りだが、そこには数多くの光フォーラムメンバーが出席していた。 さすがにメンバーから資金を得ながらその直後、倒産しただけに、今回、逮捕された京塚氏の姿はその披露宴にはなかったが、イー・エス・アイの役員に就いたり、同社に出資していたメンバーは出席していた。 そこで、この披露宴に出ていた光フォーラムのメンバー名と肩書きが書かれた資料も同じく転載しておく。  左写真の文書は、本紙・山岡の元にもう2年近く前に送りつけられて来たものだ。その内容は裏取りをしたところ、極めて正確であることがわかっている。 一方、右写真は同じく入手した、前述の2005年4月の結婚披露宴で出席者に配られた「席次表」から関係者の証言により、光ファーラムのメンバーと思われる者を抜粋したものだ。  赤色太線で3名囲んでいるが、イー・エス・アイ取締役も務めていたのがその1人、澤山精一郎氏(横写真)。他の2名はイー・エス・アイに8億円も出資していた大谷氏、同じく額は不明ながら出資したとされる八木氏。八木氏が社長を務める「東京美装興業」は東証2部上場のビル清掃会社。 ちなみに、左端の「トライグループ」とは、『家庭教師のトライ』でお馴染み。平田社長の妻・友里恵氏は、郷ひろみの妻だったあの二谷友里恵。彼女も披露宴に平田社長と仲良く出席していた。それから右端の「テクノベンチャー」の鮎川氏とは、女優・杉田かおると結婚した日産コンツェルン御曹司のこと(その後、離婚)。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧