アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

上場企業の株主代表訴訟で、「詐欺的商法の片棒を担いだ」と指摘される安倍晋三首相

 昨日、首相になったばかりの安倍晋三氏だが、本紙は、時の首相が、経済事件絡みで詐欺師の仲間呼ばわりされるという前代未聞といってもいい事実を掴んだ。 本紙が入手したのは、東証2部上場の電気機器メーカー「指月電機製作所」(本社・兵庫県西宮市。梶川泰彦社長)の社長や前社長等3名を被告とした株主代表訴訟における原告側準備書面(この9月23日付。冒頭写真右はその表紙)。 指月電機には、本紙既報のように、安倍首相との関係も指摘されている慧光塾“教祖”(故人)との関係で大物事件屋が介入し、同社に損害を与えたとして、当時の社長などを相手取り、2003年11月、株主代表訴訟が提起され、現在もその裁判は続いている。 同書面には至るところに、安倍氏に関するこんな記述がある。 (写真左は安倍新内閣の面々) 「慧光塾の最大の広告塔が安倍晋三内閣総理大臣である。安倍は光永(仁義=慧光塾“教祖”)の誕生パーティーや光フォーラムにも出席し、『私も本当に父親(=晋太郎氏)の秘書の時代から光永さんにはお世話になっておりますし、いろいろとご指導をいただいているところでございます』、『ぜひまたこの光永さんのパワーをですね、今度いま北朝鮮と交渉している鈴木大使とかですね、青木さんにパワーを送っていただいてですね、このパワーで北朝鮮を負かしていただいきたい。そして向こうで残された子供たちを取り返したい、こういうふうに思っています』、『光永さんは、私も個人的に、公私にわたってご指導を頂いているわけでございます。一時、体調を崩しまして、その節にはたいへんなお世話になったわけで、この御恩は決して忘れてはならないと、心に刻み付けているところでございます』などと発言し、光永氏の長男と信者企業である穴吹工務店の長女の結婚隙式の仲人まで務めている。光永の詐欺的商法の片棒を担いている責任は重大である」 「指月電機製作所の創業者である大津(清和)の父の故・山本重雄は山口県萩の出身で、幕末の藩政改革で名をなした村田清風の末裔であるが、安倍晋太郎の代からの後援会の会員であった。大津は後援会の席上、安倍から『光永君はよろしく』と頼まれたことから光永と親交を結ぶようになった」………

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧