アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

「麻生首相私邸ツアー」で3人逮捕ーー職権乱用する警察と、警察情報垂れ流しの大手マスコミ

 去る10月26日、フリーター全般労働組合(清水直子委員長)などが呼び掛けた麻生太郎首相の私邸見物ツアーの途中、参加者3名が「無届けデモ」、「公務執行妨害」容疑で警視庁公安部に現行犯逮捕された。
東京・渋谷区にある麻生首相の私邸(下写真。正面入り口)は、渋谷駅から徒歩15分ほどの一等地にある。その資産価値は62億円とも言われる。
 そこでフリーター全般労働組合などが、「リアリティツアー・62億ってどんなだよ。麻生首相のお宅拝見」と銘打って、インターネットで事前に参加者を募集。当日、渋谷駅から数十人で麻生邸に向かおうとしていた(2回目の企画。1回目は東京・田園調布のグッドウィル元社長・折口雅博邸)。
参加者によれば、「事前に(渋谷)警察と打ち合わせている」とし、拡声器も使わず、数人ずつ歩道を歩くことで(問題なしと)合意していたという。その打ち合わせの様子がユーチューブで流れている。

○渋谷署警官との事前打ち合わせ映像(ここをクリック)

それでも、100歩譲って「無届デモ」だったとしよう。しかし、同じく下記の動画を見てもらえばわかるが、警告等も一切なく、いきなり私服のハゲ頭の責任者らしき公安がツアー参加者のなかに飛び込み、同時に、「公妨(公務執行妨害)だ!」と警官たちが叫び出し、先頭を歩いていた者に飛びかかっている。
一方的に警察の方が暴行を働いており、公安主導の意図的な逮捕と思わないわけにはいかない。これでは、戦前の特高警察と同じではないか。

○逮捕時の映像(ここをクリック)

■抗議集会案内(明日午後7時?。東京・総評会館。詳細はここをクリック)

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧